ブログトップ

猫とぬっちょりとお気楽な日々

torute.exblog.jp

<   2017年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

入院3日目の朝は

ハイな気分も収まり、現実がそこにある。
顔面神経麻痺は、そう簡単には治らないのだという事実と向き合わなければ。
前よりは全然いい回復だからラッキーだったと思おう。ブロック注射が段々苦痛になる。
歯の痛みはやっぱり気の病のようでもある。
今日は少し動悸がする。
今朝目覚めるときに、頭の中で回っていた、銀河系が、グシャだ潰れていった。
それまでは、真っ暗の中をキラキラしたものが光りながらゆっくりと回っていた。
数字の5がやけに鮮明にある。
いろんな思いなどがそこではぐるぐる回っているようだった。
その景色が急にグシャグシャになり、息が苦しくなった。
寝付けなくて出してもらった痛み止めのせいなのだろうか。
気持ちの抑制が効かない。薬って怖いかもと気がつく。
f0148726_14433244.jpg

[PR]
by toruteh | 2017-05-31 14:36 | つれづれ | Comments(0)

発病

30年前と同じ病気を発病してしまった。そろそろなるような気はした。自分を休めることをしなかったから。
30年前の自分はどうだったか。
疲れて居てもいいかっこしいというが、自分にとって都合のいい自分を作ってはいなかったか。
本当は帰って寝たいのに、無理して仕事したり、飲みに行ったり。
治るのに三年使った。一番いい時期の三年間をリハビリに使った。
それを反省して、過ごしてきてたんじゃないか。
少し焦って無理したね。
無理はできてた。キララが生きていてくれたら。なにかが折れちゃった。
あの時点で最小限にするべきだった。必要なものだけに。
お金は捨てても休むべきだったね。
わかってたこと。
それなのに発病するまで、いい子ちゃんでいてしまった。
それでもまだ、無理をしようとするから、入院している間が私にとっては必要な時間なのかもしれない。
ステロイドの大量投入とブロック注射の二本立て。30年前には考えられない夢のようなプロジェクト。
それでも、入院中に治る人はいないのだと今日、ドクターが話してくれた。
そうなんだ、少しショック。退院したらまた元の顔になっているのかと思っていたが甘かった。結局、以前と同じようにリハビリの日は続くのだね。
キララー、ごめんねー。

[PR]
by toruteh | 2017-05-30 20:01 | つれづれ | Comments(0)

夕涼み

今日は暑かったね。
久しぶりに時間を感じてる。
なんであんなに忙しくしてたんだろう。
君のためにもっと時間を作ることはできたんじゃないのかな。
f0148726_22380402.jpg

[PR]
by toruteh | 2017-05-21 22:35 | つれづれ | Comments(0)

君との時間

crisisというドラマを初めて見て、西麻布の部屋から見ていた世界を思い出す。
その時は隣に君がいて、二人でレインボーブリッジに昇る朝日を見ていたね。
あの世界は、少し違う世界だった気がする。
もう一度あの時間に戻れたら、君はまた、ブラインドカーテンをガサガサ言わせて、私を起こすのだろうね。
不思議な時間だったね。
でも幸せだったよね。君の誕生日に明治屋で買って来た海老を焼いて、熱々を二人で食べたよね。
猫舌なはずの君がペロリと平らげたよね。
撮影中は、部屋の隅に立てかけた絨毯の上で静かに寝ていたっけ。編集の人にも気がつかれないくらいに。
頭が良くて気が利きすぎて、可愛い君は、私の所に来て幸せだったのかなー。二人で見ていた夜の東京タワーとレインボーブリッジ。忘れていた時間が巻き戻るよ。
[PR]
by toruteh | 2017-05-16 22:05 | 猫日記 | Comments(0)

Su cumpleaños

Hoy en su cumpleaños.
Ellos 
f0148726_10432440.jpg
cumplen doce.

[PR]
by toruteh | 2017-05-13 10:40 | 猫日記 | Comments(0)

贈りもの

朝、一輪蘭の花が咲いてた。ちょこっとした幸せは君の仕業のように思えて仕方がない。
まだみんな君のこと探してる。夜は私の周りにくっついて寝てる。
もうしばらく、ゆっくり噛み締めながら。
[PR]
by toruteh | 2017-05-12 09:49 | 猫日記 | Comments(0)

送る日

たんぽぽが花に気がつかないうちに綿毛になってた。
f0148726_06170481.jpg

紫煙くゆらせ君が旅立ち、僕たちは見送る。幸せでしたか?もう少しなんとかできたのではと、最後には後悔が残ったけれど、一緒に暮らした時間は幸せでしたね。15年間をありがとう。あなたが残してくれた子供たちと、また笑いながら暮らしましょう。
ありがとう。ありがとう。
[PR]
by toruteh | 2017-05-08 06:15 | 猫日記 | Comments(0)

キララからのメッセージ

向かいのビルの窓越しに朝日が昇りました。十何年この部屋に住んで初めての経験です。
昨日は一緒に悲しんでくれてありがとうございました。励ましのメッセージもたくさんありがとうー。
朝日は、キララからのありがとうの言葉だと受け取りたいと思います。時間はかかりそうですが思い出に代えて行こうと思います。
f0148726_13505397.jpg

[PR]
by toruteh | 2017-05-06 13:49 | 猫日記 | Comments(0)

別れの盃を

ネコたちが寝入って静かな午後。キララとゆっくり一緒にまどろむ予定でしたが、叶いませんでした。そーっと起こさないように歩くけど、もう起きはしないんだと思い知らされます。
覚悟していた別れではありますが、うじうじしてしまいます。キララが歩いている足音がした気がして、びっくりしました。
生きているということ、命があるということ、すべてが稀なことなのかもしれません。
f0148726_18080356.jpg

[PR]
by toruteh | 2017-05-05 18:07 | 猫日記 | Comments(0)

日向ぼっこ

ねぇ、一緒に日向ぼっこしない?5月の風が気持ちいい朝です。
f0148726_07480407.jpg

よたよたとキララかあさんが日向に出て来ることはもうありません。
朝どきどきしながら起きる必要ももうありません。
彼女の綺麗な長い尻尾は相変わらずフサフサとしています。
昨日は私の帰りを待っていたかのように逝ってしまいました。
3ヶ月はあっという間でした。
[PR]
by toruteh | 2017-05-05 07:46 | 猫日記 | Comments(0)