ブログトップ

猫とぬっちょりとお気楽な日々

torute.exblog.jp

<   2015年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

インフルエンザ人間になりました

それはある朝突然にやってきて、今日は熱が出ると体が教えてくれた。

まずい、非常にまずい。なぜなら、仕事だったからだ。

朝、体温を測ってみると36、2度。普通の人ならなんてこと無い温度だろうけれど、もう少しクラクラしていた。

迎えの車が来て、機材と一緒に乗り込む。

スポンサーの会社について機材を降ろし、簡易スタジオを作り、撮影をスタートさせた。

最初に俯瞰撮影-。えー、これ、もう通常セット組んでしまったんですけど。抵抗する気力もなく、そのままで俯瞰撮影。今思えば、最初に俯瞰やっていて良かった。締めにこの撮影だったら、間違いなく倒れていた。

前回よりも、かなりのカットを撮影して、仕事終了。片付けるときに、異常に足の指がつる。昨日踊ったせいかな?と思うくらいだったけれど、思い返せば、高熱のせい。

3時の休憩当たりから、急激に体調に異変を来しているのを感じる。椅子に座っていられない。誰か迎えに来て、と心で叫びながら、何とか撮影終了。

家に送ってもらって、即、最近近所に出来た耳鼻科に駆け込む。

体温を測ると、案の定38,7度を記録。即、インフルエンザの検査をしましょうと言われる。

望むところ。

インフルエンザA型。めでたく発症。

はい、即布団に潜り込むも、手先が冷たくて眠れない。

体中が痛い。仕事の筋肉痛?などいろいろなことを考えて、2,3日寝込む。体温は徐々に下がるも、体中の痛みが半端無い。椅子に座る気力無く、仕事が延び延びに。

これはまずいと、金曜日に起き出して電話をかけるが、やっぱりデータ処理をする元気はなく、仕事は土曜日まで延期。

昨日久しぶりに、いつものお仕事で会社に行くが、会社はいつもと変わらなくて、一週間の空白は、無かったも同じ。

まーそんなものでしょう。
[PR]
by toruteh | 2015-01-28 10:44 | つれづれ | Comments(0)

「ごめんね」と言う男、言われる女

「ごめんね」と、昔、言われたことがある。

島の新聞社にいた頃のこと、顔はまずいけれど、以外と社内の女性にもてている男がいた。

私より年下の女子が、その人のことを慕っていた。

しかし、彼は、私より年上、たぶん彼よりも年上の経理の女性と結婚を決めた。

その時に、なぜか私に「ごめんね」と言った。

私は、彼に告白したことはない。

彼が、年下の女子に謝るのなら分かるのだけど。彼女にも、同じように謝ったのだろうか。

で、この間、また、意外な人から「ごめんね」と謝られて、「ごめんね」と言う男に、ある種の共通のものを見たような気がした。

そいつもまた、少しモテるやつらしく、最近まで知らなかったのだけれど、高校の時の女子の知ってる女子の70パーセントくらいが、彼を好きだったらしい。その事実に唖然としてしまうのだけれど。

そんな男子の魅力が、私はいまいち分からない。

で、そんな男が、私に「ごめんね」と謝った。

なぜ?私があなたのことを好きだと思っていると、思ったのだろうか。残念。私の趣味は、まったく違うのだよ。

で、思うのは、男が「ごめんね」と謝るのは、女の気持ちに答えられない時なのだろうな。

たぶん、趣味じゃないという意味だろう。

で、「ごめんね」と言われる女は、女子に見られることのない女だろうな。

で、「けっ」と思うけれど、それはそれで、何となく面白いとも思う。男は、私が好きだと、思い込んでいることが面白い。全然思ったこともないんだけどさ。
[PR]
by toruteh | 2015-01-23 22:44 | つれづれ | Comments(0)

悲しい事件

ヘイトスピーチが、世界に蔓延し始めているらしい。

今回の大きなデモ、あれは正しいのか?

人殺しはいけないけれど、今回の事件の根本はどこにあるんだろう。ちょっと立ち戻って考えてもいいのではないだろうか。

人の生き方を笑いにする、笑われた人の気持ちはどうなるのか。

今回は、過激な抵抗だったけれど、これが、ハンガーストライキだったら、今、デモは別の形だったのかもしれないと思わずにはいられない。

かつて、孤立させられた日本が戦争に駆り立てられたように、宗教が違うからといって、排斥してはいけないのではないだろうか。

笑いを知らない人達にとって、中傷されることは耐えられないのではないのだろうか。

ビデオで流れた、犯人の「イスラムを放っておいてほしい」という言葉の中に、今回の事件の根本があるのではないだろうか。
[PR]
by toruteh | 2015-01-13 20:00 | つれづれ | Comments(0)

新しい年が明けました

粉雪がちらつきました。

それは、お昼前のことでした。

朝は青空ののぞくいい天気でしたのに。

厚いグレーの空から降りてきたのは、真っ白な粉雪でした。

お正月に、この冬の初雪です。

時は、重なってゆくのでしょうか、それとも過ぎて行くだけでしょうか。

去年の今頃はあんなに幸せだったと、何年か経つと思ってしまうのでしょうか。

静かな夜です。

今年は、もっとゆっくり過ごせますように。
[PR]
by toruteh | 2015-01-01 23:30 | つれづれ | Comments(0)

今年にさよなら

今年は沢山の人にお別れをした。

紅白を見ると思い出すシーンがある。

ある正月休み、名瀬から兄と一緒に住用の祖母の家に向かった。

折しも、時は大晦日。

紅白を見ていると、叔父さんたちが集まってきた。祖母の息子達になる。

神戸から久しぶりに帰ってきた叔父と、島で暮らす叔父たちが、久しぶりの再会を喜んでいた。

テレビの画面には、北島サブちゃんが歌い、紙吹雪が舞っていたから、もう12時近くだったのだろう。

叔父さんたちの楽しそうな光景が、昨日のことのように思い出されるが、その叔父達の、二人がもうこの世を去ってしまっている。

今年は、祖母が逝った。

次第に、近づいてくる何かを感じながら、時が流れていく。一年の終わりとは、こんなにも寂しいものだったか。

今年は、おせちを作る気持ちになかなか成れずにいたが、やっと先ほど作り終えた。いつもとは違うレシピを検索してしまったようで、味がどれも違うのが、かなり残念。
今回は、白豆も煮てみた。
島では、黒豆ではなく白豆だ。母が毎年作ってくれていた。甘すぎて、いつも食べきれずに残していたが、今年はなぜか、その白豆が食べたい。

よせばいいのに、レシピにあった酒というのにとらわれて、手近にあった芋焼酎を入れてしまった。

臭くて、とても食べられないかもしれない。

何も作れなくなった母親は、この煮豆は作れるだろうか。子供たちが都会に出て、帰ってくる当てもないのに、毎年食べきれないほどの豆を煮ていた。

島に帰るには、旅費が高かった。今なら、ひょいと帰れるのだろうが、昔の貧しかった子供たちは島に帰るには、ほんとに何年に一度きりだった。

あの頃に、帰ってあげられていたらなぁと、思う。

今年は、上の兄弟3人が帰っているので、きっと楽しい正月を迎えているに違いない。
[PR]
by toruteh | 2015-01-01 00:48 | つれづれ | Comments(0)