ブログトップ

猫とぬっちょりとお気楽な日々

torute.exblog.jp

<   2014年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

頭の中が真っ白~

日曜日は、S-1グランプリに出場、月曜日はフラメンコの、今月2回目の本番だった。

いずれも練習不足はいなめなかったが、自分なりには仕上げてきたつもりだった。

しかし、現実はそう甘くはなかった。

ステージに上がると、頭の中が真っ白になったのがわかった。その先は、どれだけ練習を積んだかが勝負になるのだなと、実感した二日間だった。

S-1では、いつも途中でシャミが弾けなくなるので、今回は譜面を使った。ステージに上がって譜面代を立てるのは初めてのことだった。

以前、途中でシャミが止まったときに、「気持ちを伝えるためにも、譜面代を立てるといいのに」、とグランプリを取った人に言われたのが、頭のどこかに残っていたのかもしれない。

みんなのステージが終わって、審査員の先生から「本番に譜面代はないでしょ。自分の唄なんだから憶えてきなさい」との評があった。まさにだよね。

譜面代を立てた自分に凹んだ。
S-1は、毎回新しい人達が出場してくる。どれだけの音楽人口が居るんだろうと思う。常連になって顔なじみになった人達もいるが、若い人達が増えた。

上手い人は上手い。「グランプリはきっとこのグループだね」と常連さんと話していたら、やっぱりそのチームが選ばれた。曲もさながら、唄と演奏のバランスがいい。歌も上手い。さすがです。

さて、フラメンコの方の反省

こちらは、練習時間が少ない4人が、入門コースに参加しての出演となった。

こちらのチームでは、4人は一曲集中~!で臨んだ。
練習する度に新しい課題が生まれるのだが、振りを覚えたのも最近なので、それを踊り込むだけの時間はなかった。この3週間の間に指摘された箇所は、結局直せなかったようなきがする。
何しろ頭の中が真っ白だったから、何をどう踊ったのかは、残念ながら覚えていない。

入門コースの人達と入れ替わるときに、一緒に下がってしまわないようにだけに集中した。頭の中が真っ白に
なる経験を二日続けて体験し、少しボケ始めたのかなとも思ったけれど、この頭の中が真っ白になるということが、本当は必要なのかもしれない。真っ白になって何が出来るのか。

これこそが、「無」になることなのかもしれない。

これが出来るようになったのなら、この先は練習して自分を磨き、その無の中に何かを見つけられるなら、いいなあ。
[PR]
by toruteh | 2014-11-25 06:14 | つれづれ | Comments(0)

冬の朝

コーヒーの香り立ちて 君におはようを言う冬の朝
[PR]
by toruteh | 2014-11-15 09:12 | つれづれ | Comments(0)

夜とのつきあいかた

夜の帳が降りたなら
その向こうには明日の朝日を感じよう。
そうすれば、夜の闇も恐くはない。
[PR]
by toruteh | 2014-11-14 23:47 | つれづれ | Comments(0)

一夜明けて

真夜中2時にぱっきりと目が覚める。
昨日のイベントは、本当にあったことなんだよね。

友達が一人で企画して、一人で運営して、開催までこぎ着けた。

宇検村という集落だけのシマウタを披露するという前代未聞の、コアすぎる企画が無事成功した。

紀尾井小ホールを満席にした。当日券は早々にはけ、入れずに帰っていく人も。

これほどの数のシマウタが披露されることは本当に珍しいだろう。ただ楽しくワイワイというシマウタイベントもいいのだけれど、じっくり聞きたい時には物足りない。
今回のこのイベントこそが、シマウタ好きが望んでいたものだと思う。

10数年前に、あるシマウタ教室が、同じようなイベントを成功させている。島からなだたる唄者たちを呼び寄せ奄美の北と東の唄を聴かせた。

今回の、一集落のシマウタイベントが成功するのだろうかと危惧する向きもあったが、心配には及ばなかったということだ。今後、こういう企画が増えてくるかもしれない。

しかし、ここまで完成させるまでには、企画者の並々ならぬ努力だったと思う。

宇検村の唄だからと、一緒に宇検村にも光を当てたいと、村にも働きかけ、宇検の物産が並んだ。

ただのシマウタのコンサートとは、根本が違っていた。それは本当に、大変なことだったと思う。

会場に詰めかけた人達が、心からシマウタに触れた一日だったのではないだろうか。

このすばらしいイベントにスタッフとして参加させてもらったことに感謝したい。

ただ一つ残念だったのは、今年、島の民謡大賞を受賞した竹島信一君の姿をこのホールで見ることが出来なかったこと。彼の唄が場内に流れると、会場は水を打ったようにしーんと静まりかえった。やはり、寂しさが会場を包むのは仕方がないことだった。

まだ40歳だった。まだまだこれからだった彼の姿が舞台上に浮かんだ。

あまりの急逝に、まだ実感がない。隣に座った女性が彼はどうしていないのと聞いてきた。彼から招待状が届いたから来たんですという。放送で残念ですとは聞き取れるのだが、そうだとは思いもしなかったらしい。

その女性は、六調を前に静かに席をたたれた。
[PR]
by toruteh | 2014-11-09 03:11 | 唄日記 | Comments(0)

体の悲鳴か

真夜中に、足の指に激痛が走り目が覚めた。

足の薬指が痛い。

足の踏み鳴らし方が強すぎるのだろうか。靴が合わないのだろうか。

足を踏み鳴らすのは、慣れてくると、次第に体重をかけるのが上手くなり、音が出るようになる。

最近やっとそれが体感できるようになった。

しかし、そのせいで、体重が足指にかかりすぎるのだろうか。

靴の形状が少し合わないのかもしれない。

足を踏んで、思うように音が出るのは、ちょっと楽しい。いや、とても楽しいかも。

先日の練習で、踊っている自分のシーンを録画撮りした。

結構上手くく踊っているつもりだったが、全然たいしたことがなかった、わらい。

上達は、一朝一夕でできあがるものではないんだなぁと実感させられる。何事においても、そうなんだよねきっと。
[PR]
by toruteh | 2014-11-05 08:38 | フラメンコ | Comments(0)

蜘蛛の糸の片鱗を見た

もうすぐフラメンコの発表会だ。

ここまで続けると、本人も思ってもいなかった。

去年は、タンゴデマラガ、今年は、ファンダンゴとアレグリアス。

なんと難しい曲。気持ちが入るまでに時間のかかったこと。

振りを憶えている間は、体操のようなもので、憶えた後に、やっと踊りになっていく。

今夜やっと、ああ踊りだったんだなこれ、と気がつく。

常に姿勢を言われる。綺麗な姿勢のなんと難しいこと。

去年は、自分をまっすぐ引き上げてくれる蜘蛛の糸が降りてくるのを期待した。

蜘蛛の糸は、降りてきてくれたっけか?

今日、不意に、蜘蛛の糸を感じた。

もうすぐでその蜘蛛の糸に手が届きそうな気がした。

練習の終盤のことだったけれど。蜘蛛の糸の気配を感じながら、少しだけいつもより背筋が伸びた。

本番まであと一週間。

先生の厳しさが、去年のそれとは少し違って、ちょっとレベルが高くなった。うーん、さすがだ。
[PR]
by toruteh | 2014-11-01 23:26 | フラメンコ | Comments(0)