人気ブログランキング |
ブログトップ

猫とぬっちょりとお気楽な日々

torute.exblog.jp

<   2014年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

50から先はボーナスポイント!

今日は、久しぶりに六本木で、久しぶりに先輩と飲む。

打ち合わせが大きな目的だったが、自分の中にある、くぐもったものを、吐きだしてしまった。

冷静な先輩は、一言、50過ぎたら、ボーナスポイントだよ。と、軽くあしらってくれた。

いいことも、よくないことも、50から先は人生の楽しみだというのだ。

そうだね。今辛くても、面白くなくても、そんな事を思ったりすることが、きっと、ボーナスポイントになっていくのだろう。

どんなことがあったとしても、君の上に幸せが訪れますように。

そう思えるのが50という年なのだろう。
by toruteh | 2014-08-23 00:04 | つれづれ

モナ王

旦那のモナ王を昼間に、こっそり半分食べてしまった。半分残したのだけれど、残り物とか、たぶん嫌いだろうなぁーと思うので、残りも頂くことにした。

久しぶりにフラメンコ踊れて、すっきりしたぜー!
by toruteh | 2014-08-20 23:47 | つれづれ

ALSと戦う人達

ALS,私の友達が、かかってしまった病気だ。

テレビに出ている人は、広告プランナ-、私の友達も、もっと、生きることをしても良かったのではないだろうか。
気管切開をしなかった。

綺麗なままで旅立ったていった。

私、それを止められたかもしれない。

切開しても、あなたはあなたで、綺麗なままだよって、説得できたかもしれない。

生きて欲しかった。どん欲に、どこまでも生きて欲しかった。

彼女が、結んでくれた縁がある。私は、それを少し運命と勘違いした。

でもそれはそれで、私の中の、記憶となり、私と一緒に生きていく。
by toruteh | 2014-08-18 20:29

達×達総集編(テレビ番組)みてる

芸術家達が、沢山出ていたようだ。

石川さゆりさんと、画家の千住さんのはなしに、うなずく。

何かを作り出すとき、俺俺ではなく、心を無にするという。

石川さんは、歌を歌うとき、やはり、自分を消すという。

自分を通過させるものでしかないと。

今回、奄美で撮影したとき、私は、無になろうとした。

考えてはいけない。そう思った。だから撮ることが出来たショットがあったと思えた。

だから、完成した写真も、自分の写真だけれど、自分の写真ではない。

小さな自分が作れるものなんて、たいしたものではない。何かに気持ちをゆだねたとき、それは降りてくる。

そう思う。それをまた、自分に引き戻しては、せっかくのものがもったいない。

それはそこに存在するために現れた。それでいいのじゃないのかな。
by toruteh | 2014-08-16 23:01 | つれづれ

笑わない

しばらく笑わない。

そう決めたの。

誰のせいでもないけれど

私、しばらく笑わない。

笑わないと、ギクシャクする。

それが、もしかしたら、本当なのかもしれないと思ったりする。

笑ってスルーしてきたこと、もうやめよう。

そして、何かがはっきりしたら、きっと笑える。

それまで、笑わない。
by toruteh | 2014-08-16 22:49 | つれづれ

島の夕暮れに思う

島で初めて星空を撮影した。

今回はどうしても撮影したいと思っていたから、三脚と20ミリレンズを鞄に詰め込んだ。

いつもは、ただぼんやりと島を撮っていたけれど、今回は何か違った。

夕暮れに包まれた島はとても綺麗で、その群青色に溶け出す茜の色。そして深みを増す闇の黒。
星が瞬き、闇が息づき始め、自然の力が人を押しのける。

そんな奄美のままでいて欲しいだけなのだけれど。

人は消えるまで、そのことに気がつかないだろう。

自然が人に与えるものの偉大さを。

悲しいかな、だれもが気づかないままに、自然はその姿を変えていってしまうだろう。

気づいたときには、もう手遅れ。

星空の写真をプリントしながら、人のわがままと、自然の大切さを感じる。

人はなんてわがままで、傲慢で、おのれしか見えていないのだろうか。

もうすぐ夏が終わる。夏が終わるまでに、この涙も乾くだろうか。
by toruteh | 2014-08-13 23:51 | 写真の話

奄美の被爆体験者

奄美にも被爆者がいた。
この前の、「島色展」の会場で、奄美の被爆者の掘り起こしをしているという人達と話をする機会があった。

毎年、奄美を訪れているのだという。

今日、テレビで、奄美の被爆者を掘り起こしていた、奄美の人の話をやっていた。
その人は、91歳。取材の2ヶ月後に、亡くなられてしまった。ということは、もうかなりの人々がこの世を去ってしまっているのだ。

戦争体験者が数少なくなっている現実と、国と国との接触がぴりぴりして来ている最近。

それは何を示しているのか。

守るためには、強くなるしかない。
by toruteh | 2014-08-13 23:43 | つれづれ

どこへ行く奄美

自衛隊の奄美駐屯が本決まりになるようだ。

自衛隊の駐屯と、世界自然遺産登録への期待とが、同じレベルで期待されているようだけれど、それって、あり得る?私はあり得ないと思うよ。

自衛隊が来ると、自然の形態が変わるよ。そうなると、世界自然遺産は無理でしょ?

どうして、そんな私でも分かることを、みんな気がつかないはずはない。

どこかで、歪曲して、どっちも正しいと、みんなが思おうとしている。

世界自然遺産登録もなんだか嫌だったけれど、自衛隊が駐屯するよりは、いい気がする。

もう、奄美は誰も知らない島ではなくなっていくね。
by toruteh | 2014-08-13 00:22 | つれづれ

残暑

f0148726_1902646.jpg

by toruteh | 2014-08-06 19:01 | つれづれ

盛夏

花に水をまき

馬鹿野郎といって振り捨てる

君のこと

自分の心
by toruteh | 2014-08-03 06:17 | つれづれ