人気ブログランキング |
ブログトップ

猫とぬっちょりとお気楽な日々

torute.exblog.jp

<   2013年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

猫しっぽ人間

猫のしっぽは正直だ。嬉しいときは、ぴんと立ち、ゆらゆら揺らして歩く。恐いときは、しっぽで急所を隠す。

猫のしっぽが人間にあったら、嘘がつけなくて、嘘つきはきっといなくなるだろう。

夕食時、猫たちがテーブルの下をうろうろしている。

しっぽで叩いて、気を引いた。そこから、猫しっぽ人間の話になった。

人間にもしっぽがあったら大変だったねと、言う話になる。椅子には、しっぽ掛けが必要になるね。お金持ちはしっぽ掛けをゴージャスに背もたれに付けるだろうね。お金無いと、椅子に穴を空けるくらいかな。

とりとめもない話で盛り上がる。

「口では何とでも言えるけれど、しっぽは正直だから、心が相手に読まれてしまうので、対話は大変だ」

「ファッションにうるさい姪っ子は、整形しておしゃれな人気のしっぽにきっとしているね」

とか、なんとか。

しっぽ人間になった人間を想像すると話しはとりとめもなく広がり面白い。
by toruteh | 2013-10-28 22:40 | つれづれ | Comments(0)

ゆっくり、ゆっくり

昨日は、法事でお寺を訪ねた。

和尚さんのお話が面白かったので、一つ。

人は、3つのものにすがる。人との繋がり、お金、あと一つは忘れた。

でも、そういう変わっていくものではなく、変わらないものを信じなさいと教えを諭した。

「変わらないものは何?」と、和尚さんが問う。
「教え?」かなと思った。

変わらないものとは、「真実」なのだそうです。

何かにおいても、真実は存在し、真実を真ん中において考えなさいと言う。

おっ、その考えはいいですね。

自分の中に「真実」を持つ。

それが真実かどうかで、ふるいにかけると、迷わなくて良いかもしれない。

迷いがちな私には、嬉しい教えだすね。

そうそう、何がゆっくりゆっくりなのかというと、私は、先日、いけない話しをしてしまい、そのとたんに、肩に重い物が乗ってしまった。

あっ、聞かれてしまった?ってかんじがした。その場に、見えなくても存在していた事に気づかされた。

たぶん、いくらお祈りしても居ないよ-、とおもっていたのに。いらっしゃいました。

法事で、謝ってきました。

と、そんな話しを会社でしてみましたら、「ゆっくりゆっくりのぼっていくのだそう」という話しがでました。

実は、旦那のお母さんの13回忌。晴れ女のお母さんの法事はいつも晴れていたのに、今年は雨の予想。「もう、いいよって事何じゃない?」と、軽口を叩いてしまったのです。

そのとたんに、肩に重い物が乗りました。

いつも見守ってたんですね。かわいい息子のこと。

お母さんは、ゆっくりゆっくりと、見守りながら昇って行かれているのですね。

「13年なんて、短いよー」と会社の人に怒られました。

ゆっくり、ゆっくりなんですねー。

それなら、残された人も寂しくないね。
by toruteh | 2013-10-21 23:09 | つれづれ | Comments(0)

雨の夜

駅からタクシーを拾う。
ワンメータで着いちゃう場所なので、乗り込みながら謝る。運転手は余り良い返事はしてくれなかった。そりゃそうだよね。

全国同窓会まであと1ヶ月。4月に発足した、三合瓶シャミ線会は、ついに、あと一回の練習を残すのみとなる。月一回の練習を続けてきたが、さすがに、このままではと、今日の練習はカラオケボックスを借りて、集中練習だ。

目指すは三曲。どこまで出来るのか。

教えるのが私だから、それほどの期待も出来ないが、恥もかかせられない。

ボーカルがなんとか、演奏を持って行ってくれる。

残すあと一回の練習。

練習日が決まると、それが楽しみになっていると、一人が話す。

これまで余り話しをしていなかった顔を知っているだけだった仲間が、本当の仲間になっていくのは、こういういろんなことがあるからなんだな。

仕事の邪魔にならないかと、練習日を決めかねていたのが、取り越し苦労だったのかと、少し嬉しかった。

さー、あと一ヶ月、頑張りましょ!
by toruteh | 2013-10-19 23:37 | つれづれ | Comments(0)

日本と奄美

昨日は渋谷公会堂で、奄美の日本復帰60周年を祝う式典が開かれた。

これまで気がつかなかったけど、奄美が復帰して60年と言うことは、私が生まれたのは、復帰してまだ10年だったのか。

と、驚いてしまった。なぜ今まで気がつかなかったのか。それは、きっと10年という時間が、こんなに短いものだとは思っていなかったからかな。

自分が幼い頃、島は貧しかった。今、テレビで終戦時のドラマがあったりするが、そのままが昔の島だったように思う。ずいぶん島は豊になった。心はどうだ?心は人それぞれかな。


式典と芸能祭が開かれた。

島から六調太鼓チームが手弁当で来るという。写真の依頼を受ける。10人くらいかな~?と思っていたら、幕が開いたら、総勢50余人がステージ上にーー。うっひゃー。

こりゃむりですわい。

慌てて2階席に走った。

でも、きっとアップも欲しいんだろうなぁ。

終わる前にまた一階の舞台袖に走った。

間に合ったけれど、最後に決めのポーズがあった。あっ、そっかー。その一枚撮れなくちゃ、しかたなくねぇ?

もうほんとうにーーー。

言っといてよ!!

で、最近はRAWデータでも撮るようにしている。それで正解。

後処理に手間はかなり掛かるけれど、仕上がりは、きっといいはずなのだよ。

久しぶりに、夜にお仕事続いています。久しぶりにカメラマン自分を思い出します。

で、夕方から、足の筋肉が固まり始めました。

痛いであります。

どうしたら、この筋肉痛は治るでしょうか。

フラメンコをやりはじめたせいか、それほど、上半身は凝っていません。すごいね。
by toruteh | 2013-10-08 00:23 | つれづれ | Comments(0)

今日のお手伝いはあたち

なかなか手が付けられなかった仕事、はやくやらなくては。
気持ちだけが焦る。
今朝から、仕事の机に向かう。
で、お手伝いは、しるびあちゃん。

彼女がここにいるのは、肌
f0148726_2326648.jpg
寒いだけでしょうけれど。
by toruteh | 2013-10-05 23:25 | 猫日記 | Comments(0)

ともだち

体から筋肉が無くなってしまう病気にかかってしまった同級生が、臍帯血幹細胞移植を受け始め、少しずつ回復の兆しが見え始めているという連絡が入る。

嬉しいことです。
by toruteh | 2013-10-04 21:54 | つれづれ | Comments(0)