人気ブログランキング |
ブログトップ

猫とぬっちょりとお気楽な日々

torute.exblog.jp

<   2013年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

映画「ラリー・フリント」

深夜番組の映画天国の映画にはまり始めている。

前回は役者の名前に聞き覚えがあったので録画し、そのまま今回も録画したものだったが、この映画、よかったー。

幼い頃から密造酒を造りそれを売って生計を手助けしていた兄と弟。

二人は大人になり、酒場を開く。

酒場はダンサーが居るよくアメリカ映画に出てくるような酒場の走りのような所。

かわいい子たちを売り出すために本を出す。

それが、ゆくゆく雑誌社を立ち上げることになる。

プレイボーイの意味のないだろうまじめな記事より、今読みたいものを作ろうと。かなりハードなエッチな雑誌。

当時のアメリカでは、まだまだ、ポルノは解禁されてなかったようで宗教団体から弾圧がかかる。

街の治安をと考える人たちからも、不買運動が起こったり、かなり反発される。

幾度も裁判にかけられながら、彼は、その「気に入らないから、許さない」的な権力の下、25年の禁固刑をくらう。

そこから、彼と権力の戦いが始まった。

彼は表現の自由を掲げ出所する。

性と戦争を比べる表現をするところがあった。

氾濫する裸と忌み嫌う人たちが居る。しかし、一方で愛国心で戦争に動員される。

裸と戦争の写真が交互に出てくる、果たしてどちらが罪か。

戦争で人の死を撮影してピューリッツア賞を受賞するが、ポルノを撮ると、牢屋に行く。

そういわれると、裸は、全く罪のないものに感じてしまうから不思議だ。

いくつもの裁判を重ね、最後に、最高裁で彼は勝利を手にするが。

貧しかった少年は、大きな出版社の社長になっていた。金があるから、裁判は勝てたのかもしれないが、彼は命さえ狙われた。

それでもあきらめなかった。

自分が何者かでありたいと願い、彼の悲しみは力になった。
by toruteh | 2013-06-27 08:43 | 映画鑑賞

ドラマ「雲の階段」最終回を迎える

今期のドラマで見たのはこの1本だった。

途中からしか見ていないが、知らず知らずに引き込まれ、最終回にたどり着いた。

主人公は、自分を外から見ていて、駄目な自分が、人を救えることで、自分は駄目な人間ではないと自分を肯定することが出来た。たとえ偽医者だったとしても。

と、裁判の最後に話す。

偶然に医師の技術を身につけ、人からの信頼を得て、人生が変わる。

人の人生は、どんどん変わる。いつでも変われる。

原作「雲の階段」読んでみようか。
by toruteh | 2013-06-19 22:41 | つれづれ

ナー君復活~!

今日の昼間、動物病院から着信あり。

検査、問題なければ、連絡はしませんと、ドクターは言っていた。

なのに、着信があったということは、、。

急いで電話する。

すると、問題無かったです、との返事。

わーい!

なーくんよかったね。
by toruteh | 2013-06-19 22:17 | 猫日記

ナー君受難

ナー君に、化膿止めの粉薬を飲ませるのに、四苦八苦している。

おとなしいナー君もさすが男の子、力が強いです。

夕べは何とか口に入れることが出来たが、今朝は、なかなかうまくいかない。

爪を切ることから取りかかった。

ナデナデが大好きなナー君をナデナデでだましだまし、右手の爪をパチンパチン。

上手くいった。次は左手。

あっ、出してくれない。

くるんと、隠している。

ナー君も爪が切られることは、武器を無くすことと知っているらしい。

でも、このままじゃ薬飲ませられない。

何とか爪を切り、続けてオブラートに包んだ薬を口の中にポイ。

その後、口を閉じさせていると、何とか口の中で溶ける。

このときに爪の反撃がくる。

爪を切っても、抵抗は強くて難しい。

みんなどうやっているんだろう。

夕方、急いで帰ってきて、ナー君の薬を用意する。

しかし、ナー君も三度目なので、今度は絶対イヤという。

ナー君が暴れるので、背中の傷口が開いてしまう。

少し悪循環?

しるびあにシャーシャー威嚇されるので、体を拭いて匂いを少しでも消そうとしたが、しるびあには、まだ他人らしい。

しるびあはもしかしたら、目が余り良くないのかもしれない。

だから、匂いにはかなり敏感で、匂いで相手を確認しているのかもね。

まだまだ、ナー君の受難と、私の手の傷は続きそう。
by toruteh | 2013-06-14 20:34 | 猫日記

落ち着かない夜

ナー君の背中に、イボを見つけ、ちょっと気になるので、早めがいいと思い病院へ行った。

院長先生が手術中だったので、他の先生が見てくれた。切り取って、顕微鏡で見て、大丈夫だと思うが、心配な所もあるという。

猫のおできは、悪性のパーセントが高い。

結局、局所麻酔をして、その場所を切り取ることになった。

二階に行ったナー君の叫び声が聞こえた。恐がりナー君、これまで効いたことない鳴き声を上げて、怖がっていた。

10分くらいで帰ってきたが、背中には術後の後がぱっくり。

10日後くらいに抜糸といわれる。

病理検査にだすのだという。たぶん大丈夫と思うがとまたいわれる。

だったら切らなくても思うが。もし、悪性だったら、切り取ったから大丈夫というわけではないのだろうか。

帰ってきたナー君を茶々が威嚇する。

ずーっと。茶々の方がおかしくなるようなきがする。

連れて行かない方が良かったのか。
by toruteh | 2013-06-13 23:35 | 猫日記

50年生きたということ

調子が悪いのは、もう50年生きてきたから当たり前なのですと、思えてきた。

どんな病気になろうと、もう、親は私の心配をしてくれない。そういう年なのだと、わかっていても、何か期待してしまう自分が居る。

子供と親、不思議なものだ。

もし、子供がいたら、子供の心配ばかりしていたのだろうか。

子供が50になり、親の心配をする頃になる。そんなとき、私には誰も心配してくれる人はいないのだと、人生の寂しさが少し。

元気に生きて、元気におさらばしたいと思うのだが。

今は、まだ見えない未来。

若い頃も、見えない未来を危惧していたが、年を取っても見えない未来は恐いものであるのだなぁ。

人生、常に勉強だと思えば、恐くなることはないのかもしれない。
by toruteh | 2013-06-12 21:23 | つれづれ

曜日確認

目覚めかけた意識の中で

今日は何曜日と、頭の自分に問いかける。

今日は日曜日だ、もう少し眠られる。

そんな問いかけが、最近毎朝行われていて、それ自体にかなり疲れている。

体が疲れてしまっているせいだ。

昔忙しかったときもこんな問答を毎朝繰り返していたように思う。

毎朝が出勤だったなら、こんな苦労もないのだろうか。

いくら寝ても疲れが取れないので、ぶらりと静かな街に行ってしまいたくなる。

ああ、それにしても、今日のなんて暑いこと。
by toruteh | 2013-06-09 14:33 | つれづれ

予習復習

イタリアゴの予習を初めてしてみた。

みんなやっていたんだと気がつく。

みんなすごいね。

家では、イタリアゴ辞書を引きながら、シマウタを聴いているので、(その逆か?)どっちかにしたらといわれるが、こういうやり方は邪道なのかな。

教室では、どんな一週間だったと聞かれる。
言いたくても文章にならないので、日本語で言ってしまうのだが。

今日は、昨日の話をした。

昨日は、シマウタを頼まれて歌いにいった。

そう書くとすごそうだけれど、そんなことはないので、そこの所は了解済みで読んでね。

島からお偉いさんがいらっしゃる、その歓迎の席だったので着物で出ようということになり、去年作った一重の大島を引っ張り出した。

着物姿で三味線を抱えて駅の改札を抜けると、すれ違った外国の人が「ワォー、ファンタスティックorワンダフル」的なことを言ってくれた。

ふふふ、着物の力は偉大です。

といいたかったけれど、全然無理だったねー。
by toruteh | 2013-06-06 22:43 | イタリア語

久しぶりにおやすみ日曜日

昨日は久しぶりにステージの撮影のお仕事。
たぶん筋肉痛になると思っていたが、案の定、ガチガチに。

カメラが重すぎてぎゃふん。

新しいカメラとレンズ重すぎ-。

で、今日の予定を考えているうちに少し横になり、気がついたら夕方に、、。ゲロゲロ~。

で、明日からはまたいつもの仕事が始まる。

頑張れ-、オレ。
by toruteh | 2013-06-02 22:52 | つれづれ