ブログトップ

猫とぬっちょりとお気楽な日々

torute.exblog.jp

<   2013年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

さよならサイン

2年前に、青いスカート翻して私たちの目の前に現れた彼女は、もう、ベッドの上にいた。

知ったときには、もう彼女の腕は上がらなくなっていた。それでも、気丈にたばこを吸い、アルコールを楽しんでいた。

青いするカートを翻して、商店街を、迎えにも着てくれた。運動神経が抜群で、美しく、魅力的な彼女は、高校時代に高校の男子のあこがれの的だった。

きらきらと輝いてきてきた。
そんな彼女を病魔が襲った。

まさか。みんな、我が耳を疑った。

それでも、2年前の彼女は、眩しさを纏っていた。

エレベーターのボタンを足で押すくらい元気だった。

彼女の体は、筋力が落ちていく病気に冒されてしまった。

それは治らないのか?

それから2年があっという間に過ぎ、会いに行きたい気持ちはあっても、なかなか会いに行けなかったが、今日、久しぶりに訪ねることが出来た。

彼女は、ベッドに横たわり、それでも、綺麗で、元気だった。

お土産に、好きだったサワーを買っていったが、もう、酒は飲んではいなかった。

「別れの日に、なんかサイン送るからね」と一緒に行った友達に話していた。

「たぶん、オレンジの光かなんかだと思う」と、彼女は言っていた。

「さよならサイン」を、昔もらったことがある。

それは、今日一緒に彼女を訪ねた友達と、大の親友だった子が逝ったときだった。その時、私達は一緒に住んでいて、朝、私は足をくすぐられた。

その時には、気がつかなかったが、あとで、その日に、その友達が亡くなったことを知った。

高校を卒業して別れ別れになる前に、そんな話しをしたのだ。最後のサインを送るからね。足をくすぐるから。

その時は、まだみんな若くて元気だったから、そんなことは、冗談の一つだった。

でも、それから間も無く、私たちは、彼女の別れのサインを受け取ってしまった。

そして、今日、彼女からそんな話が出て、私は、その時の話は出来ずにただ聞いていた。

きっと、「お別れサイン」を受け取る日が来てしまうのだなぁと思いながら。

彼女は、1年前より、生きたがっていた。あと10年後に発病していたらなぁと。そうだよね。あと10年。

またこうもいった。「病院に行ったら駄目よ」病気に気がつかなければ、元気でいられる。

ああ、そうかもしれないね。
[PR]
by toruteh | 2013-04-28 23:31 | つれづれ | Comments(2)

セビリア春の祭りへ(4)

実は、もう日本に帰ってきていて、日時が一致しないので、そろそろ日記を書くのをあきらめようかと。

思い出は、やっぱりこの写真?

セビリアでは、セビージャ祭りが開かれていて、これを見に来た、私たち一行。

私は、思い切り写真を撮るつもりで来ていました。でも、フラメンコの練習衣装が欲しいとは思っていました。日本で買うと高いのです。

できれば、シューズもと。

その買い物をするつもりが、みんなが、衣装を買い、祭りに行くというではありませんか。

出発前に、ネットで調べた旦那が「盆踊りみたいなものなんだね。本場の浴衣着て参加しないと~」なんて言っていて、冗談~~~!って笑っていたけれど、それは、事実になりました。

みんなで衣装を買って、やってきました、お祭り会場。一眼レフカメラは抱えてられませんので、会場に持ってくるのをあきらた私、(それでいいのか)。

お祭り会場でなくても、街の中のカフェテリアにはドレスを着たおばさま達がお茶を楽しんでおりました。

街のお店は大部分がおやすみで、フェリア会場について気がついたのは、お店を開けている場合ではないということ。

このお祭りは、町中上げてのお祭りでした。

会場にはテントが林立。いやいや、すごいです。

暑いということで、夕方の5時に会場に向かった一行。みんなドレスアップしています。

私たちは、どんな風に見えているのでしょうか。私たち一行には、男性が一人いて、彼は、今回、全身正装、「一緒に写真撮ってー」と、ジモティーにせがまれるほど、注目を集めていました。

すると、あるテントの中からうちの団長を呼ぶ人が。

「いらっしゃい」「いらっしゃ」と。

ついでに、私たちもどどどどーと、そのテントへ。

そして、なんとなんと、団長は、誘ってくれたご婦人とステージへ。

踊っています。すごいわー。

その後は、モヒートをごちそうになり、しばし、ジモティに混じって、祭りを楽しませもらいました。

もう最高ですな。できれば、踊れない私は、あと2,3,テントをまわって踊りを見学したかったです。でも、個人のテントに入れてもらうなんて、衣装を着ていなかったら、きっと、体験できなかったことでしょう。素敵な仲間と、いい旅でした。
f0148726_20513046.jpg

[PR]
by toruteh | 2013-04-26 20:51 | つれづれ | Comments(0)

セビリア春の祭りへ(3)

三日目、マドリッドから、一路、今回の旅の目的地、セビージャへ向かう。タクシーのおいちゃんが、フラメンコファンのようで、流れている音楽に、私たちが乗ると、踊り出した。素敵です。

国内線は、イベリア航空。オレンジと黄色のラインが綺麗。座席はオール革張り。東京→奄美間のような座席で、シンプルだが、KMLより、座席間が広い気がして、リラックスする。

マドリッドの空港は、広くて、職員は少なく、オンラインが充実していて、しゃべるハリボテがあったり、なんとなく、未来都市を彷彿させる。アムステルダム空港も、かなり、未来都市化していたっけ。

セビリアは、暑かった。窓の開いたタクシーは、街の香りが満ちる。花の香りだ。

何の花かと思ったら、街の街路樹がオレンジで、花が先、オレンジが実っていた。

この花の香りか。

違う国の香りがした。この街は、どこにあるんだっけ。

心拍数が少し上がるのを感じる。
[PR]
by toruteh | 2013-04-25 23:50 | つれづれ | Comments(0)

セビリア春の祭りへ(2)

スペインで初めての朝はゴロゴロという音で目覚めた。

ああこれは、石畳の上をタクシーが走って行く音か。覚醒する記憶の中で、音の元を探し始める。

マドリードの夜は賑やかだった。しいていえば、歌舞伎町か六本技の夜ににているだろうか。

噴水広場は、パフォーマーがいたり、物売りがいたり、ガサガサワイワイと賑やか。ポリスが多いと思っていたら、いわゆる歌舞伎町の市役所通りのようなところに、パトカーが沢山横付けされていて、何かと思ったら、警察署らしい。ここの道は、路上駐車は、違反ではないのか?いい街だな。

昨日は、タブラオへ本場のフラメンコを見に行った。午後8時、夕焼けを見ながらタブラオへ向かった。夕焼けを撮りたかったが、買い物に時間を使いすぎて、ステージはすでに幕を開けていた。

席に着く。お店の中央にステージがあり、その周りに客席があった。ステージの高さは、目の高さで、かなり高いのだなと驚くが、奥からでもステージがよく見える作りになっているようだ。

写真はokらしい。カメラのストロボがあちらこちらから光り、なんかしらけちゃうのは自分だけかな。そんなことお構いなしに、ステージは熱気溢れるものだった。演舞幕間にギターのソロが入った。ここは、ギターラの見せ所らしい。
オヤジ、渋い。

バイラオールは、細身の男性だった。バイラオーラもずいぶん細身。最近は体型が変わってきているのかな。

足技がすごくて、息をのんだ。踊りを習わなければ、気がつかない所でもあるかもしれない。

ステージを降りて、去るとき、ギターらのオヤジが、私の肩に手をかけた。ワオ-、感激。

その後、街に戻り、夕食を。おいしい食事をし、広場へ戻ると、広場はまだまだ祭りのような賑やかさだった。
[PR]
by toruteh | 2013-04-25 00:00 | つれづれ | Comments(0)

セビリア春の祭りへ  (1)

公民館講座の仲間と、ひょんなことから人生初のスペイン旅行を体験することになった。
ついに出発の日がきた。朝7時半にみんなが住む町のO駅に集合、一路スペインへの予定。
電光掲示板に予定の電車が表示されず、一瞬ヒヤリとした。あっ、今日は羽田とは逆方向、ふふふ。気がついてよかった。少し緊張してる?

少し早かったので、ホームのベンチみんなの到着を待った。
時間通りに、空港行の電車がすべりこむ。あさはやいこともあり、まだ、電車は空いていた。一本で成田に行けるので、座った私たちはさっそくこれからの旅ばなしで盛り上がった。
久しぶりの成田空港は、Exchangeはどこだった?税関てどんな感じ?すべてが初体験のよう。仲間たちに引率してもらいながら、何とか中に入る。空港はかなり混んでいて、すべてが行列だた。そういえば、電車も空港に着く頃には大きなトランクを抱えた人でいっぱいだったっけ。

しかし、人まかせな旅は時間を気にしなくていいから楽だ。オランダ航空のカウンターの、長い行列に並びながら、ツアー旅の二人連れのおばちゃんたちと顔なじみになる。ツアーの行き先はオランダらしい。人身事故があって大変だったのとおばちゃんはいう。そういえば、駅の電光掲示板が点滅していた。よく間にあったものだ。旅は何があるかわからない。

さて、無事に税関を抜け、青い機体がかわいいオランダ航空に乗り込んだ。一列10席が並ぶ。シートにはテレビがついている。乗務員のハンサムな兄さんに笑顔で迎えられて、上機嫌になる。おばちゃんイチコロだ。おばちゃんになるというのは、こういう楽しい事が増えることかもしれない。
機内食に怯えながら、旅は始まった。
[PR]
by toruteh | 2013-04-24 23:29 | つれづれ | Comments(0)

イタリアゴ講座、受講再開

しばらく、おやすみしていたイタリア語講座に、通い始めた。
久しぶりの教室は、みんながすらすらと話せるようになって、かなり尻込みしたくなった。
今日は再会から2回目。少しみんなの空気になれてきたかな。
三ヶ月という期間抜けたのは大きい。でも、自分なりにラジオ講座を続けていたから、少しは、ついていけそう。

でも、何でこんなに一生懸命やってるんだろう。
[PR]
by toruteh | 2013-04-11 22:31 | イタリア語 | Comments(0)

大金持ちになりたいわけではないが

昨日から、ロト7が始まった。
ビギナーズラックを狙って、ええ、買いましたとも。

会社に行く前に、富士銀行の宝くじ売り場でね。

駅の入り口にちょうどあるので、いつもより早めに家を出る。

あっ、閉まっているじゃねえかー。信号を渡りながら、シャッターの降りた窓に釘付け。しかし、そこにオヤジが現れロト7の紙に書き出しているだろう後ろ姿が見えた。よし、もうすぐ開くのだな。

私が一番乗りするのだ。

紙に印を入れているだろうオヤジを横目に、シャッターの前に立った。

そこにおばちゃん現れ、待っててねという。おばちゃんといっても、たぶん私と同じくらいだなと、最近自分の年を自覚しつつある。

おばちゃんは、シャッターを開け、ブースの中に入った。たぶん、電源を入れている。

ワクワクしながら待った。

いつもこれほど早くは電車に乗らないから、時間の余裕はたっぷりあるのさ。

ふふふ。

ロト7,たぶん一番乗りだった?でも、おばちゃん少し遅刻したかもわからないから、一番乗りは出来なかったかな。
300円と引き替えに渡された紙には、数字が、ロト6より沢山並んでる。私は、数が多い分、当たるような気がしているのよね。

今日、ネットで調べた。残念-。自分の誕生日を塗ればよかったわ。
[PR]
by toruteh | 2013-04-06 10:40 | つれづれ | Comments(0)

今日はお茶が冷めるのが早い

なすがままに生きている私は、あまり、心配をしない。心配してもしょうがないことは心配しない。

なるようになるし、なるようにしかならないと思っている。

でも、これだけは、心配でしょうがない。それは、楽しみにしている番組の録画が出来ているかどうか。

昨日は、「リッチマン、プアウーマン」の番外編が流れるということで、楽しみにしていた。

ちゃんと録画できているか、見終わるまでちょっとドキドキしている。

年の初めには、中井貴一ときょんきょんのドラマを録画失敗して、かなり落ち込んだ。

さて、今日はどうか。

冷たくなったお茶を入れ替えて、本編を楽しむとしよう。連続ドラマにはまっていた頃のドキドキを抱えながら。
[PR]
by toruteh | 2013-04-02 21:42 | つれづれ | Comments(0)

今日の何でもない一日

前からの約束だった集まりに顔を出すために新橋へ向かう。

その前に、動き辛くなった体を何とかしなくてはと、ニュー新橋ビルでマッサージ屋を探してみる。

あっ、ありますね。2階に上がると、すぐにウエルカムの声が。目の間に合ったところに頼んでみる。

もう歩いているのも限界だった。

15分頼もうとすると、20分でね、なんていわれる。あれ?と思いながらもまあいいかと横になる。

マッサージはなかなかうまい。あと10分やる?10分サービスするよ、の甘い言葉に、OKを出してしまった。

まあ気持ちいいから良いのだけれど、私語が多すぎて、カーテンがシャーシャー開いたり閉まったりして気が散って嫌。

マッサージが終わって時計を見ると、10分のサービスなんてしていなかった。ははは、やられた。

その後、そのフロアをゆっくり歩いてみると、もっとサービスの良いお店もあったりして、笑。

焦ったらいかんね。

少し軽くなった体を抱えて、 B1へ。ここには奄美のお店がある。同窓達が知らないというので、急遽行くことになった。

さすがに今日は一杯も酒は飲めなかった。
水で十分、そんな夜もまたいいものだった。

目の前の一升瓶が、帰るまでには綺麗にあいていたのには、さすがだなぁとおもった。集まったのは四人で、私は飲んでいないので、三人で空けたのだなぁ-。
[PR]
by toruteh | 2013-04-02 00:48 | つれづれ | Comments(0)