ブログトップ

猫とぬっちょりとお気楽な日々

torute.exblog.jp

<   2013年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

視点が変われば、結果も変わる

某局の夜の番組で、「コンピュータの頭脳」軍団が、みんなの質問に回答するという番組をやっていた。
雑学王は、本当にいろんな事を知っていて、勉強になった。
質問の一つ、動物で頭がいいのは?と言うのがあり、動物に詳しい回答者がシャチが2番に頭がいいという話しをしていた。
その時に、ビデオが流れ、流氷の上のアザラシを狩りをするシーンが流れた。
その時には、シャチは頭がいいねという流れだった。

翌日の昼間に、その某局を何気なく見ていた。すると、シャチはどう猛という話しをしていて、昨夜のビデオによく似たビデオが流され、シャチが氷の上のアザラシを海に引きずり込む狩りの様子が流れた。
周りでは、ああアザラシはなんて可哀想という空気が流れ、可哀想な顔して、みんなが言葉を飲んでいた。

視点が変われば、それだけで同じビデオであっても、テレビのこちら側の人達は、シャチは頭がいいと思った人達と、シャチはなんて恐いんだと思った人がいただろう。

これって、なんかおかしくない?

敵と味方がいる全ての事柄は、こんな感じなんだよね。
[PR]
by toruteh | 2013-01-25 20:49 | つれづれ | Comments(0)

モハメッド直伝のジンジャーミルク

帰ってきてから、寒気がする。頭も痛い。また、風邪がぶりかえすか?
ちょっと不安になり、1時間休憩。それでもなんだか変。

「あっ、そうだ!っ」と思い出す。先日職場で友達に教えてもらった「モハメッドから直接教えてもらったジンジャーミルクが風邪に効くよ」という話し。

ミルクにショウガの千切りを入れて温めるだけのシンプルドリンク。喉にも効くらしい。
そこに蜂蜜なりを入れる。作りたて黒糖があったので入れてみる。

美味い!黒糖とショウガって相性いいよね。

これを飲んで明日は元気になるぞ~!!

天気予報では今夜から雪になるらしい。頭が痛かったり寒気がするのは、そのせいかな?

また雪遊びが出来ない?
[PR]
by toruteh | 2013-01-23 21:29 | つれづれ | Comments(0)

イタリアゴを楽しむ

最近イタリアゴが面白くなってきた。

講座は辞めてしまったけれど、「ラジオでイタリア語」は、聴くようにしている。正月からかなり聴けずにいたけれど、復活すべく、一週間まとめてのHPで勉強。今月から、応用編がイタリアの音楽編になり、それがまた楽しい。
イタリアでは、小学校の音楽の時間はないのだそうだ。
ピアノの習い事をやっている子供もかなり少ないという。その理由は、音楽とは芸術であり、学校で習う物ではないという考えがあるからだそうです。
ちょっとやりたい、そんな気持ちでは、親は子供に習うことを許さないという、すばらしい考えだなぁと、共感してしまっています。
誰もが出来る物ではないという考えが、音楽の価値を高めているのかもしれないですね。
もっと身近にと思う日本人とはちょっと違いますね。
習わないから、音楽が好きなんですって。
知識や技術でなく、心や情熱らしいです。

いいなぁ。そういう話に触れると、なんか心も豊かになるきがします。

今朝はナー君が付き合ってくれました。

f0148726_7215386.jpg

[PR]
by toruteh | 2013-01-21 07:22 | イタリア語 | Comments(0)

からだ鬱

きっとやすみたがってる。その証拠に久しぶりにかかった風邪が長引いている。

認めたくない現実といろんなものから逃れたくて身体がイヤイヤしている気がする。

この数年いろんな意味で走り続けてきて、何かがいっぱいいっぱいになったきがする。

ある意味身体が躁状態だった。身体が元気だとどうしても走り続けてしまうから、あえて、身体が鬱になりたがっているんだと思う。

今しばらくこのままで時間に流されていたいんだろうと思うので、気が済むまで咳こんでいよう。それでいいよ。
[PR]
by toruteh | 2013-01-19 22:29 | つれづれ | Comments(0)

別れ

弔電は、好きに打っていいんだと、やっと気がついた。

友達が亡くなった。私を励まして、応援してくれていた友達が亡くなった。

弔電を打とうと思ったが、なんと打ったらいいのか、ネットで見ると、失礼の無いようにと書いてあり、言いたいことを書いていいとは、書かれていなかった。

言いたいことはたくさんあったけれど、例文を参考にしただけで打ってしまった。

今は、ネットで見ることが出来るようになっていた。告別式に、ネットで参列させてもらった。

若すぎる死をいたみ、沢山の参列者が最後の別れを惜しんでいた。

その場に、いた方がよかったか。

沢山の花に囲まれ、沢山の人に見送られ、彼女は旅立っていった。男の子二人かと思っていたら、まだ中学生の女の子もいた。

彼女の心残りは、いかほどだっただろう。

5年にも及ぶ癌との戦い。まだ治療も研究中の新型の癌だったらしい。

彼女が病魔に冒されていることを最近まで知らなかった。

自分が大変なのに、私を応援してくれていた。写真展に花を頂いたり、メールでやりとりしている中にも、励ましの言葉で一杯だった。

病気を知り、何度か合おうとしたが彼女の体調が悪く、なかなか会うことが出来なかった。この正月も、風邪さえ引かなければ、彼女の顔を遠くから見ることが出来たかもしれなかった。

年末に受けた手術が、致命傷になったとご主人の最後の言葉の中にあった。完全に直らなくても、長く生きていける方を選べたら、よかったのにね。

弔電が読まれ、みんな、自分の気持ちを綴っていた。それなら、私も、彼女に伝えたい言葉はあったのに。
ありきたりの言葉で弔電を打ったのを悔やんだ。

そんなちっぽけなことが、悔しい。彼女の悔しさの、100万分の1にもならないけれど、悔しい。

「優しさをありがとう 強さをありがとう。貴方と交わした約束を、いくつ実行できるかわからないけれど、私、頑張ってみる。一緒にイタリア旅行したかったね。島での写真展もいつかやってみるよ。

頑張ったね。お疲れ様 島の緋寒桜、この写真を貴方に見せたかった」

f0148726_1014699.jpg


打てなかったけれど、打たなくてよかった。
[PR]
by toruteh | 2013-01-17 10:02 | つれづれ | Comments(0)

祝い、50

連休を利用して旅に行った。まさか風邪を引くなんて思ってなかったから。
金曜日の夜は体中が痛くて、もうあきらめるかとも思ったが、もし天気がよければと、願掛けをした。

晴れていれば何とかなる。天気予想では、連休は天気が崩れると出ていたようだが、何とかもちそうだと、キャンセルはしなかった。出発までの時間、マッサージ器で体の凝りをほぐす。夕べは痛くて眠れなかった。

なるべく咳もしないように。体の痛みや喉の痛みがかなりある様子からすると、正月にかかった風邪がどこかに残っていて気のゆるみで復活したようだった。

新宿でロマンスカーに乗る。行き先は箱根。

初めての二人電車旅。天気はぐんぐんよくなり、青空が広がる。

50才の二人は、少し体調が悪く、楽しく飲みながらとうわけでもなく、学生のように、まじめに旅を楽しんだ。

箱根の森美術館でピカソ館を楽しみ、宿では温泉を楽しんだ。鄙びた温泉宿は登山鉄道の途中駅にあった。急勾配の登山鉄道は、なかなか面白かった。
翌日は大涌谷へ。ここの温泉卵を食べると、7年寿命が延びるらしい。
7年後に、また来てみるか?
この日も天気がよく、そこから見える富士山が見事だった。海賊船に乗り、湖を渡った。
海外からの観光客ご一行様とすれ違った。
湖の周りの一本道は渋滞だった。本当に天気がいい。
バスに揺られて箱根湯本に向かう。温泉街を走る路線バスだった。昔の風情が漂う温泉街を車窓から楽しむ。日本にもこんな場所がまだまだ残っていたのかと、驚く。高級な温泉宿屋が並んでいた。次はこの町並みを歩いてみたい気がした。
週末旅、何とかからだがもってよかった。今日は一転して土砂降り。あの天気は50才プレゼントだったね。
f0148726_8351231.jpg

[PR]
by toruteh | 2013-01-14 08:32 | つれづれ | Comments(0)

君の記念日に

君も今日で半世紀生きてきたんですね。誕生日おめでとう。

近くのロシア料理の店で、お昼を食べた。

スカイツリーとの途中でよく見かけていたお店だったけれど、入ったのは初めて。高いだろうと敬遠していたけれど、ランチが1050円からあると聞いて、早速行ってみた。

お店には満員の掛札。予約しておいてよかった。
予約しておきながら、1050円のランチはおかしいかなと思いながらも、かなり心惹かれたので、そちらを頼んだ。お魚のポワレ。

黒パンは無かったけれど、締めに頼んだバナナケーキがとてもおいしかった。もちろん料理も。

f0148726_23442229.jpg

乾杯はロシアビールで。
[PR]
by toruteh | 2013-01-10 23:44 | つれづれ | Comments(0)

父の年の祝い(米寿)

夕方、デイサービスに行った父が帰ってきた。
上機嫌。帰るまもなく、ジャケットを脱ぐ間も無く台所の椅子に腰掛ける。
上機嫌に話し始める。今日は父の誕生日で、施設で誕生日を祝ってもらったらしい。
「祝ってもらった事なんて無いから、、」と話すが、祝っているってば。

父の父が不思議な人で、誕生日が憶えやすいようにと、語呂のいい数字で登録してしまうらしく、今日が本当の誕生日ではない父は、そのことで祝ってもらっても嬉しくないと毎回言っている。

今日も「今日は本当の誕生日じゃないから嬉しくもないんだけど」と言いながらも、上機嫌なのは嬉しかったからに違いない。

お茶菓子を食べ始めたので、夕食を勧め、いつもより早い時間だったがそのまま夕食になった。

兄の作ったニンニクの葉の炒め物がちょうどできあがり、香ばしい香りに、ついついおなかが空いてしまったのだろう。
母も呼ぶ前に席に着いて食べ始めていたから、この香りは相当たまらないらしい。

今日は、お昼に作った鶏飯を父に食べてもらおうと思っていたが、ニンニクの葉の香りに負けてしまった。残念。

今日、姪から父母に速達が着いた。今日の父の誕生日に合わせたのだろうか。父は嬉しくなり、早速電話をしていた。かなり積極的&意欲的。

デイサービスの施設では、シマウタも歌ったという。今日は、私の唄も聴きましょうと言ってくれたので、久しぶりに三味線を弾いた。

一度は寝所に戻った母も台所に戻り、一緒に少し歌を歌った。
偶然にもミニミニパーティーになった。
[PR]
by toruteh | 2013-01-05 20:11 | つれづれ | Comments(2)

会食

下の兄が来て、父の誕生日を兼ねて会食をした。
「塩鯖を切れ、すいもんのを用意せんばー」と台所に来て、言う。
元旦は、みんなで食卓を囲めなかったので、父はまだ新年の挨拶がすんでいないように思ったのか。

元旦より調子がいいようだ。兄が持ってきてくれたロールケーキを切る。

兄たちは、夕食までいてくれて、みんなで食卓を囲んだ。

甥っ子達はもう成人になり、それぞれ専門分野に進んで話しも面白い。

こうして一緒に正月の食卓を囲むことが出来てとてもよかったと思う。たぶん、後にも先にも今回だけだろう。

両親が、少しずつこの状態を感じ始めている。みんなが居るということを。

ゆっくりだけれども、少しずつ少しずつ。

今日も島は風が強い。

寒い一日になりそうだ。
[PR]
by toruteh | 2013-01-04 07:09 | つれづれ | Comments(0)

元旦

明け方に、廊下の明かりで目が覚めた。窓からさし込む月の光だった。
煌々と輝く月の明かりの中、ゆっくりと島の朝が明けていくのを感じた。

今年が皆様にとってよい年になりますように。

***



今日の奄美は、やっぱり初日の出が見られたようです。

友達が送ってくれた写真で、気持ちよかっただろうなぁ~と、想像して、満足しています。

明日見に行こうと家族を誘ったら、星空が見たいといわれ、ちょうどissが通過するのが見えるといわれ、なんですかそれ?なんて思いながら、車を走らせる。


西の空といわれても、東に向かって走っているけれど、きっと西も見えるよ。

目的地に到着、ちょうど通過している光を見ることが出来た。明日は、午後6時9分に見えるそうです。西から東の空に、光る物があったら、きっとそれです。3分くらいらしいです。

お楽しみに。天の川、私のカメラでは撮れず、甥っ子の、コンデジで綺麗に撮れていて、ちょい、くやしい、、。
[PR]
by toruteh | 2013-01-01 23:24 | つれづれ | Comments(0)