ブログトップ

猫とぬっちょりとお気楽な日々

torute.exblog.jp

<   2012年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

湯上がりキララちゃん

ある日帰ってくると、玄関に迎えに来ていたキララちゃんの頭部が、巻き巻きになっていた。
湯上がりみたいだね~というと、実は、、と旦那が話し始めた。

その日は、午後に急激な土砂降りがあったらしい。(私は気がつかなかった、、)

夕方になり、猫ご飯を用意しても、キララが来ない、どうしたんだろうと思うものの、まさかね?ベランダの窓を開けると、横っ飛びにキララが帰ってきたのだという。

キララは鳴かない子なので、たぶんじっと土砂降りをどこかで耐えていたのだろう。

けぶるような雨だったらしいが、キララはそんなには濡れてはいなかったという。

私が帰ってきたときには、すっかり湯上がり美人になっていたので、まさか、そんなことがあったとはと思うばかりだった。

それ以来、それまで少し老衰の影が見えていたきららちゃんだったが、なんか5才くらい若返った気がする。

べたべたしていた毛皮も、すっきりさわやかさんだし、覇気が違う。

雨のマイナスイオンで、元気になったのだろうか。

とはいえ、風邪を引かなくて本当によかった。
[PR]
by toruteh | 2012-09-30 10:04 | 猫日記 | Comments(0)

新しい先生、いい~!

大和君似の先生かなり、教え方いいと思う。

まず、ノートを取らせない。

今日は、みんなの自己紹介があり、各人の素性を知る。なんだー、みんなそこそこにイタリア語経験者。それに、イタリア行っているよ~。

みんながかなり話せる理由わかりましたぜ。

先生も日本語を覚えるのは難しかったらしく、だから教えるの上手いのかも。
[PR]
by toruteh | 2012-09-27 22:11 | イタリア語 | Comments(0)

シューズ購入~

フラメンコを習い始めて、早6ヶ月。まだまだ踊れないけれど、シューズ買っちゃった-。

久しぶりに行く恵比寿は、知らない街になっていて、途中で見つけたサブウエイの「スペインをサブろう」に惹かれて、ランチを食べる。

イベリコ豚のベーコンが入っているらしいが、サブウエイは野菜がたっぷりでおいしい。

こうしていると、島から鹿児島に出て、山形屋で買い物しているみたい。
f0148726_072931.jpg

[PR]
by toruteh | 2012-09-23 00:08 | フラメンコ | Comments(0)

脱原発の先

「ドイツが脱原発できたわけ」というのをやっていたので、最後だけ見ることが出来た。う~ん、少し予想が外れた。脱原発というのはすごいけれど、結局人間が生きて行くには、とてつもない電力が必要で、それを産むための開発が進められていて、大きな機械を見ると、自然破壊はたぶん無くならないだろうなぁと思った。産業を捨てては、人類は成り立たないんだなぁ。青い空だけを見て、生きていくわけにはいかないんだね。
[PR]
by toruteh | 2012-09-20 23:21 | つれづれ | Comments(0)

イタリア語第3期スタート!

迷っていたけれど、結局サークルでイタリア語を学び続ける事にした。

先生がまた変わる。

どんな先生だろうという期待と、不安と。

それに初日から遅刻だし、、。

先生は、とてもフランクな人で、型にはまって無くて面白かった。

先週までの先生も教えるのが上手かったが、この先生もなかなかよさそう。

それに、堅苦しくなくて、第2期よりは、私はなじめそうな気がした。

語学はセンスと聞いたことがある。私は全くないと思われる。

それでも、こうしてしがみついているのはなぜだろう。

それは、新しいことはやっぱり面白いからだ。

毎日、ラジオのイタリア語講座を聴くために早起きしたりして、自分の中の何かが少しずつ変わっていくのが楽しい。

一緒に習っている人たちは、半数が私より年上、半数が私より年下と思われる。


年代の違う女性達の生き方を見るのは、いろいろ楽しいし、刺激される。

若者達のエネルギーをわけてもらい、年配の人たちからはまだまだこれからだよと、いってもらえている気がする。
[PR]
by toruteh | 2012-09-20 22:46 | イタリア語 | Comments(0)

猫をうらやましいと思う瞬間

ナー君が、鳴きながら布団によって来る。

「ごはん」らしい。

ご飯を入れて、また横になっていると、またやってきて鳴く。

今度は「寂しいので、撫でてください」だ。

猫は、ストレートに自分の今を表現できて、いいなぁと思う。

自分の気持ちになかなか正直に動くことが出来ない自分は、特に思う。

何に遠慮をしているのだろうね。
[PR]
by toruteh | 2012-09-17 22:46 | 猫日記 | Comments(0)

明けの明星

疲れてぱったり眠ってしまい、こんなに朝早くに目が覚めてしまった。窓を開けると、明けの明星が薄明るくなった東の空に輝く。

体内時計は狂ったまま私を翻弄してくれる。

人は、少しのことで壊れてしまう気がする。

眠る時間を壊してしまっただけで、私は少しおかしくなりかけている。

睡眠の大切さを改めて思い知らされる。

車が走り始め、カラスが鳴き始めた。

ベランダに遊びに出たキララは帰ってきた?

夕べは久しぶりに雨が降った。夢の中で雨音を聞いた。

人口の音でない音は、ヒリヒリとかさつき始めた私の何物かを優しく諭した。

こういうとき、私はあの島に帰りたくなる。

この心の渇きを癒すために。
[PR]
by toruteh | 2012-09-17 05:22 | つれづれ | Comments(0)

方言の違い

島の先輩達の同窓会でシマウタを歌う。

私たちは、住用の出身というけれど、歌った歌は、一般に歌われている歌詞カード通り。

先輩の一人が話しかけてきた。「笠利ですか?住用の言葉ではないよね?」と。そう言われても、どこが違うのか、まったくわからないのです。

住用の歌を歌う人から、言葉を習いたいと、こういう時に思う。

住用出身というからには、ちゃんとそこの言葉で歌えるようになりたいとはおもうのよね。

でも、私は産まれたところのイントネーションがかなり根底に残っているから、それもまた、悩むところでもあるのよ。

で、昨日は、六調のときに、バリバリ歌う先輩達がいて、かっこいいのだー。六調って、それでいいんだよね。

型にはまりすぎた今のシマウタとは、違うものを見せてもらった。

島のシマウタは、ある意味進化していて、若い頃に上京した人たちのシマウタには、昔のシマウタが残っているんだと思う。

今、シマウタを習うなら、ここに住む、先輩達なのかな。
[PR]
by toruteh | 2012-09-17 05:09 | 唄日記 | Comments(0)

フラメンコ講座終了~

イタリア語に続き、フラメンコ講座も無事に六ヶ月が過ぎ、本日最終日でした~。

今日は体調悪く、起き上がれなく一日を過ごし、なんとか、夕方に起き上がる。

きっと、体内時計が壊れたんだな。海外に行かなくても、一晩遊ぶと体内時計は、軽く壊れてしまうらしい。

フラメンコ講座修了後、みんなで打ち上げに行く。

イタリア語は、なぜか、お別れ会がなかった。なぜかは知っているけれど、やっぱりそれは寂しいよね。

フラメンコ講座は、意外と楽しかった。なじめないかと思っていたけれど、最近慣れてきたような気がしてきたので、打ち上げに参加できてよかった。

先生の教え方はとてもすばらしかった。フラメンコ初めての人たちが半分居るクラスを、ステージに上げるまでに仕上げてしまうなんて。

そして、みんな、スタイルよくなった。私ももしかしたらスタイルよくなってるかな?

最初は、体を曲げると、ポキポキとあちらこちらから音がしたのに、そんな初心者達が、かなりいい感じに仕上がってしまった。

すごい。

後は本番の発表会で、どれだけ踊れるかな、だけれど、ここまでが楽しくできたのが、いいよね。

経験者達が、初心者達に優しく教えてくれた。それもかなりこのクラスの魅力だった気がする。

そして打ち上げ、みんなの素性が少し明らかになり、かなり酒豪揃いで、ちょっと嬉しかった。

いいね。この先ももう少しみんなと一緒に楽しめるらしい。
[PR]
by toruteh | 2012-09-16 01:03 | フラメンコ | Comments(0)

思い出作り?

高校の同窓が上京し、久しぶりに飲んだ。

高校時代の友達に会うのはとても楽しい。

なぜ会いたくなるのかわからないが、会うと楽しい。

高校時代、あまり人と関わらなかった自分。高校の時の記憶を新しく作って居るのだろうか。

それは、誰かの思い出の記憶にしかすぎないのに、自分の記憶に足し算しようとしているのかもね。
[PR]
by toruteh | 2012-09-13 18:08 | つれづれ | Comments(0)