ブログトップ

猫とぬっちょりとお気楽な日々

torute.exblog.jp

<   2011年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

挨拶

街を歩く。小学生とすれ違う。
「こんにちは」といわれて焦る。
「こんにちは」。

中学生とすれ違う。「こんにちは」。

おっ,まただ。「こんにちは」。

高校生とすれ違う。

無言。さすがに,中学生までだったが,島では,まだ,挨拶が交わされているんだ。

自分を試されているようで,ちょっとどきどきした。
[PR]
by toruteh | 2011-06-29 07:54 | 島旅日記 | Comments(2)

-

蝉時雨の中目が覚める。
島は思ったよりも涼しくて過ごしやすい。
そう友達に言うと台風一過の風が吹いているからだよ、と言われた。
本当はもっと暑いらしい。昨日は夕暮れの市内を歩いた。
去年の豪雨以来だ。夏に見つけたチビネコたち、大丈夫だっただろうか。

同じ場所に子猫たちの姿を発見、あの時の子供たちではないだろうが、猫たちは元気に暮らしていた。
写真を撮ったら犬に怒られた。友達らしい。
永田橋市場の前を通りかかった。
もっと小さな子猫がいて、私を見るなり、トコトコ歩いてきた。
触ろうとすると、後ろでお母さん猫がシャーと、私を威嚇した。おっとっと、危ない、危ない。
それでもチビネコは私の足の間て゛小さく丸まった。
市場のおばさんたちの猫らしい。

猫好きの友人にその話をすると、9月から猫条例なるものが施行され、野良猫の居場所がなくなるのだと言う。
すべて室内飼いにと。

街中で猫の姿にはもう会えなくなるのだ、
なんとつまらない街を作るつもりなんだろう。
原因は奄美の黒ウサギを猫がくわえている写真が新聞に載ったらしい。

糞尿被害とかではなかった。

街中で餌付けされている猫が、森で狩りをするとは思いにくい。

山に捨てることに罰則をもうけたり、飼い猫の去勢手術を迎合したほうが、理にかなっているように思えるのだが。
[PR]
by toruteh | 2011-06-28 07:11 | Comments(0)

今更だけど

地震の後、アメリカの助けを借りていれば、と。

アメリカは、日本の、「そんなこと起こらないから大丈夫~!」なんてことは言わずに、常に、原子力の安全性を高めてきた。

彼らだったからこそ出来る何かがあったはず。

爆発を免れたかもしれない。

ヘリコプターのパフォーマンスなんかでなく、君がやれる、もっと重要なことは、あったんだよ!!

日本を今、こんな状態にしているのが、自分だって気がつかないのが、恐いワ。

この一週間、知らない鳥の鳴き声が家を取り囲んでいる。

少し異様。福島の山里から避難してきたのか?人恋しくて、ここまで流れてきたのか。

野鳥の会さん、どうなんですか?

いったい自然界では、何が起こっているんですか?

東北の漁港が開いたというニュースをやっていた。

「鰹が北上する」と話していた。

再開は本当にいいことだけれど、魚の安全基準をちゃんと調べてくれるのだろうか。

調べてくださいよ。

ここだけは別とか、そんな話は無しでお願いします。
[PR]
by toruteh | 2011-06-26 16:23 | つれづれ | Comments(3)

おおいいね。

パリ・伝説のフォトスタジオが東京に|イズムコンシェルジュ


さすが、女優は綺麗!この時代の写真、やっぱりいいよね。銀塩の魅力~、たまらん~。
[PR]
by toruteh | 2011-06-25 08:15 | 写真の話 | Comments(0)

すっきり。

短い時間でも、眠ると人はすっきりするものらしい。

今朝も早くから目が覚めたから、体調はかなり元気になってきているものと思われる。

眠りにつきながら、自分の怒りを改めて見直してみた。
携帯メールで、思いを伝えるのは難しい。

向こうのメールは、私からのメールの返事だから、きっと、私のメールも、相手を憤慨させてしまっているのかもしれない。

だから、あんなメールが返ってきたんだと思えば、自分の落ち度だ。

こちら側が勝手に怒り出していることの方が、滑稽だよね。

携帯メールは、もっと気をつけよう。

気心が知れていると思っていても、要注意だね。
[PR]
by toruteh | 2011-06-25 08:12 | つれづれ | Comments(0)

眠れず、、。

録画してあったドラマ「グリー」を見た。

人とやりとりをしていて、かちんと来る事ってあるけれど、今日は3人とやりとりしていて、カチンカチンカチンと3連打を浴び、あげくに眠れなくなってしまった。

人に怒りを覚えさせるメールってすごいね。その相手がすごいのかな。

自分がイライラしているだけかもしれないけど。

グリーに出てくる、チアリーディングクラブの女顧問が、本当に下品で、それが面白いけれど、今日は笑えなかった。

でも、流れていた歌がよかった。

「Smile」 by Charles Spencer Chaplin, Jr


胸が痛んでも笑って

つらくても笑うのよ

たとえ曇り空でも 前に進むの

つらくても 悲しくても笑って

そうすれば きっと明日

太陽があなたに 笑いかけてくれる

笑顔で喜びを表現して

悲しみは胸にしまうの

涙がこぼれそうでも 我慢するのよ

前に進むべき時がある

泣いても始まらないわ

人生は捨てたものじゃない

だから笑って

胸が痛んでも笑って

つらくても笑うのよ

たとえ曇り空でも 前に進むの

前に進むべき時がある

泣いても始まらないわ

人生は捨てものじゃない

だから笑って

人生は捨てものじゃない

だから笑って
[PR]
by toruteh | 2011-06-25 03:34 | つれづれ | Comments(0)

日常を休もう

夕べ寝ていてふと思う。

疲れたら、日常から少し目をそらしてもいいんじゃないかと。

突発事故で発熱、寝続けるというのをやって、スケジュールを急に空けた。

今日は仕事に行こうと思ったが、せっかくの病気だからと、今日まで予定無しにした。

すると、夕べは心が穏やかで、今朝も、朝早くから気持ちが元気だ。

最近、早起きも出来ないくらいに疲れていたのが、この2日の休息で、一気に取り戻した感じがする。

たまには、日常を休むのもいいかもしれない。
[PR]
by toruteh | 2011-06-24 08:06 | つれづれ | Comments(0)

熱下がる

熱、無事に下がりました。

腕の腫れは、広がっていますが、熱が下がって起き上がることが出来たので、よかったです。

昨日は、猫たちがみんなで看病してくれていましたが、私が起き上がったので、今日は、みんなそれぞれの好きな場所に移動していきました。

おもしろいなぁ。
[PR]
by toruteh | 2011-06-23 10:23 | つれづれ | Comments(2)

あぢぃ~。

熱にうなされながら、ヒヨドリの鳴き声を聞いていた。

今朝、苦しくなり病院へ駆け込んだ。

体温38度超え。

久しぶりに見る数字だ。

東京も、30度を超える夏日だったとか。

体温が高いせいか、気温の高さが余り気にならず、過ごしやすくてよかった。

一日に2本の点滴をしてもらい、なんとか、熱を下げることができた。

昨日のうちに、病院で見せるべきだったなぁ、と、後悔。

せっかく病院に行ったのに、内科の先生に聞いてもいいことなのか、迷ったのが、いけなかった。

来週までに治るといいな。
[PR]
by toruteh | 2011-06-22 19:00 | つれづれ | Comments(4)

山鳩が鳴く

帰り道、山鳩の声を耳にした。
さっきは、ヒヨドリが盛んに鳴いていた。

異変に気がつくのは、自然界で暮らすものが一番に感じる。

東京の空気は、本当においしくなくなった。朝一でも、もう、緑の香りがしない。
[PR]
by toruteh | 2011-06-20 19:35 | つれづれ | Comments(0)