ブログトップ

猫とぬっちょりとお気楽な日々

torute.exblog.jp

<   2009年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

大晦日

風の音で目が覚める。
天気が良かったのは、まだ一日だけで、あとは雨と曇り、奄美はそんな冬の天気だ。

風が強い。東京より遙かに暖かいはずなのに、寒くて布団から出られない。
夜も、布団に入ってしまって寝るだけの日々になってしまった。
暖かいのか、寒いのか、掴めない。

そんななか、もう今年最後の日になってしまった。
雨が強すぎて、カメラを持って歩く気にもなれず。
町中は、朝から夜まで、メインストリート古見本通りから、長浜、平田町までが、渋滞である。
そんな渋滞も、高速道路の渋滞に比べたら、なんてことはないけれど、島の人たちにとっては耐えられない渋滞なのかもしれない。
今日一日渋滞が続き、明日には静かな元旦の朝がやってくるのだろう。
[PR]
by toruteh | 2009-12-31 07:47 | 島旅日記 | Comments(0)

もだまの森

奄美の朝は寒かった。

寒くて目が覚めた。
昨日は、あんなに暖かいなぁと感動したばかりだったのに。
体はすでに、奄美温度になってきているのか。

しばらくすると山の隙間から朝日が差し込んできた。日差しが出てほっとする。
雨のまま奄美で過ごすのかと思っていたので、つかの間の日の光を楽しむことにしよう。

大好きな「もだまの森」へ車を走らせた。
大きなもだまの葛は相変わらずにかっこよかった。
ここも、観光地になるらしい。
ほっておかれた道が、綺麗に整備され、階段も作られていた。
小さい頃に泳いだこもりも、また輝きを増していた。
嬉しくもあり、寂しくもあり。
有名になることの代わりに、たぶん何かが変わっていくだろう。
ここが有名になる前に、もっともっとここを撮影しておきたいものだが、いかんせん、私は旅人でしかない。
[PR]
by toruteh | 2009-12-29 13:40 | 島旅日記 | Comments(2)

三味線の声

性懲りもなく、私はまたこの島に帰ってきた。

雨の東京羽田空港。滑走路を走る飛行機の窓に、雨が横に走る。
体ががくんと重くなって45度に傾いたまま空を仰ぎ、雲に乗る。
雨雲を超えたら、朝日が眩しく差し込んできた。
今日は朝日を受け止めるだけの気力がない。
ブラインドを閉めて、読書にふけった。

JALショッピングを楽しもうか悩んでいる間に、飛行機は奄美空港に着陸態勢に入る。
飛行機が大きく左遷して目の前に大島大陸が広がった。
瀬戸内の花先から、笠利の先までが見渡せた。こんなことってあっただろうか。
雨雲の下に大島の山並みが平行に伸びていた。今いちの天気なのに被写界深度が深い。(たぶん日本語の使い方間違っています)
やはり、フィルムカメラを持ってくるべきだったとまたここにきて後悔した。

家に着き、置き三味線のケースをあけた。
三味線がぷすっと鳴った。怒っている、そんな感じ。すまぬすまぬ。「やっぱり、持って帰ろうか」といつも思う瞬間だ。

陶芸を趣味にしている兄を案内して「やちゃぼう釜」にいった。
すると、陶器の三味線発見!すごい!そしていい音。
「弾けるなら弾いてちょうだい」と言われ、図々しく音を出してみる。
調弦が少し難しい。
それでも歌を付けて何とか弾くことができた。
陶器の三味線ありかも~。

そして、夜。親戚の家に呼ばれる。三味線を抱えて行った。初三味線を披露した。
「島唄は嫌い」と今言っていたおじさんが、歌い出した。
しまうた、そして三味線の響きは、優しく人を結びつけてくれるようだ。

やっと三味線も少し機嫌を直してくれたような。
[PR]
by toruteh | 2009-12-28 22:32 | 島旅日記 | Comments(0)

メリークリスマス!

寒いと思っていたら、もうクリスマス。

寒いはずですね。

ケーキを焼いて、チキンを焼いて、クリスマスに間に合いました。

今日は、ロゼのスパークリングワインを。

ここ最近は、美味しい酒にあたっていてすごく幸せ~。

そして、今日も美味しいワインで幸せ~。

ホワイトクリスマスにはならなかったけれど、ほんわかクリスマスです。
メリークリスマス!


投稿がうまくできなくなっていますね。再度挑戦してページがなんとか開くかなという感じです。
[PR]
by toruteh | 2009-12-24 20:45 | つれづれ | Comments(0)

猫も凍える寒さの12月

昨日は久しぶりに穏やかな一日だった。日だまりの中、猫と日向ぼっこをした。
今日は昨日より少し寒いみたい。猫たちが、もうコタツの周りでまーるくなっているからね。

額に写真を入れた。
中枠の色と、額縁の色と、写真と。
額縁やに持って行った写真と、本番用の写真に若干のずれがあり、額を決めた写真が、大伸ばししていなかったことに気がつき、少々がっくりしたり。

意外にも、静かな写真が、額に入れると、いい感じに暖まってくる。
すごいな。
額を選んで、台紙を選んで、写真をはめ込んで。
ちょっとクリエイティブな時間を味わっている。
[PR]
by toruteh | 2009-12-24 12:47 | 写真の話 | Comments(0)

ワインがうまい

額縁をやっと決めることが出来た。
ワインがうまい。

面白いもので、ずーっと行きたかったお店にやっと行けて、そして額縁を決めることが出来て。
そのお店、学生の時以来なのに、店員さんに、見覚えのある顔が。
すごいな。ずっと御仕事してたんですね。
店員さんが変わらないお店には、やっぱり信頼がおけます。

気に入った額を見つけ。10個申し込むと、年内には揃わなかった。
ははは~、遅すぎたよね、やっぱり。
別のものをセレクト。
其れも無し。
いくつかを選んだ。其れはそれで楽しいかも知れない。
決まってホッとする。

久しぶりにワインを飲みたくなって、白ワインを買った。
ワインがうまい。
猫とワインを囲んで、幸せな時間。
[PR]
by toruteh | 2009-12-22 20:23 | つれづれ | Comments(0)

一寸の虫にも五分の魂

映画のコマーシャルを見ていて、この言葉が浮かんできた。
小さい頃に、この言葉を、母から嫌と言うほど言われていたのを思いだした。
なぜだろう。
その理由は分からないが、ずーっと幼い頃に、ずーっと言われてた。
もしかしたら、私は残虐な子供だった?
いや、そんなはずはない。
母なりの子育てだったと思う。

その言葉は、私の心の中心を作っている。
母の教えは偉大だったと、今、感じることが出来る。
言葉下手だったが、大切なことは、教えてこんでくれたらしい。

「子育て支援」。いったい何が子育てか。
金ではないよ。心を育てるのは、大人の仕事。其れを推進しないで、何が子育て支援だ。

(はい、酔ってます。おやすみ)
[PR]
by toruteh | 2009-12-22 20:06 | つれづれ | Comments(0)

朝日

久しぶりに朝日を拝む。
朝日と、真っ白なシクラメンを撮影してみるが、バックの景色が気に入らない。
しかたないかな。都会の真ん中に暮らしているんだもんね。

朝日の色が薄くなったように感じたのは、起きるのが遅かったせいだね、きっと。
[PR]
by toruteh | 2009-12-19 08:30 | つれづれ | Comments(0)

寒い、寒い!

昨日、今日と寒いです。
きのうは昼間歩いていて、ジャケットの前を開けていたら、寒さがお腹まで伝わってきました。それほど寒かった。
今日はもっと寒い気がします。


そして、今日はマイバースディです。
へへ、この歳まで、軽く生きてこれてほんとによかった。

今日はなんか、パーティーがありそうなんです。

余り祝われることになれていないので、ちょっとドキドキしています。
センターは苦手なんです。

何かお返ししたいなぁと、奄美の泥で染めた革で、ブレスレットを作ってみましたが、「いらない」って言われそう。

一年一年が楽しいっす。
[PR]
by toruteh | 2009-12-17 15:40 | つれづれ | Comments(4)

額装って奥が深いなぁ

写真をどう飾ろうかを考えている。
写真のセレクトはなんとか終わった。

大伸ばしにするのは10枚程度と考えているので、10枚選ぶだけなのだが、1か月かかったかな。

廊下にテストプリントを貼り、セレクトする。

これはかぶるねぇとか、いらないんじゃない?このなかから?
なんて、耳の痛いアドバイスが飛んでくる中、なんとか、10枚余りを選んでみた。

次は額だ。

どう見せるかではさんざん悩んだが、一応この10枚は額装する予定。
何を見せるか、何を見せたいか、どう見せるか。

写真って、難しいなぁと改めて思った。

一歩間違えれば、パンフレット写真になる。これは、なんとかクリアできたが、こんどは、観光客写真になっているような気がしてきた。

「ぶらりと立ち寄った、シャッターを切った。」そういう写真といったい何が違うのか。

一枚一枚に、自分の思いが入っている、という違いかなぁ。
ということしかないのかもしれない。

額縁でググると、いろいろな発見があって面白かった。
額を作っている人のサイトは勉強になった。

写真展の場合、統一感のためか、同じ額、同じ中枠が使われることが多いが、絵のように、一枚一枚、それぞれの写真にあった額がつくと、面白いものにもなるような気がする。
[PR]
by toruteh | 2009-12-16 09:17 | 写真の話 | Comments(0)