ブログトップ

猫とぬっちょりとお気楽な日々

torute.exblog.jp

<   2009年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

両国赤提灯

やっと、島ボケから立ち直りそうです。
今回は長かった~。

夕方に、両国の飲み屋にいるからおいでよ~、と、三味線の先輩から電話が入った。久しぶりに顔を出すと、常連客で賑わっていた。初めてこのお店に来たのは、もうどれくらい前だろう。半年前か、一年前か。
そのときに見知った顔がカウンターに並ぶ。
先輩とも、それ以来の再会になる。

その折、三味線を持参していたY君と、シマウタを披露する機会があった。そのときのことを話すと、隣のおじいさんが、「民謡はいいね。心に染みるよ」と言って下さった。
そのおじいさんは先輩に、その後何度も、「シマウタいいね」と話して下さるのだという。
心から離れかけていた、シマウタの良さが、そのおじいさんと話していると、しみじみと自分の中に溢れてくるのを感じる。

素直に、気持ちに素直になれたらなぁと思う。
奄美の「シマウタ」はやっぱり、いいものなんだなぁ。
[PR]
by toruteh | 2009-07-30 22:16 | つれづれ | Comments(0)

夜の浜

天の川、見るのを忘れていたのを思い出し、夜の浜に降りる。

雲の隙間から、星が瞬く。

夜の海、波音だけが寄せては返す。

家から浜へ続く道。こんなところに自分の住む家があったら、なんて素敵だろう。

弧を描く入り江の砂浜に、ザザザザー、ザザザザーと聞こえるのは波音だけ。

今日になって日焼けしてしまった。
真っ赤になったももが痛い。
[PR]
by toruteh | 2009-07-25 22:03 | 島旅日記 | Comments(2)

奄美旅6・ついに最終日

ライブな旅日記に初挑戦してみた今回です。
それが、ついに最終日になりました。
期せずして久しぶりに長い帰省となり、友人たちとも再会ができた。
奄美は少しずつ変わっているところもあり、変わらないままの姿でもあり。
奄美に降りたってまずびっくりしたのは、空港と駐車場がつながる道に雨風ヨケヨケの屋根がついていたのだ。真っ白で立派なそれは、お客様を迎えるため~であることに間違いはなかった。

見回りパトカーに結構すれ違った。奄美で、パトカーと遭遇するのは珍しいかも。

変わらないものは、再開できた人たちの笑顔だったかもしれない。

****

今日は先日も行った「打田原・崎原のビーチ」。大勢の人でこれまた賑わっていた。そこをさけ、もう少し手前の浜でシュノーケリングを楽しんだ。

先ほどの浜より、少し波が穏やか。
波が高いので透明度がいまいちだったが、岩場の近くには魚の群れを見ることができた。
イソギンチャクでかくれんぼしている魚がいた。見たことがあるぞ。あっ、もしやニモ?いや、ちょっと大きすぎる。

黄色と黒の熱帯魚がいた。ほかにもたくさんいたが、今は名前がわからないので、書けないのがくやしい。

ビーチ近くには、ひれが黒いラインで縁取られた真っ白な魚が群れていた。波打ち際から、1メートルも離れていない場所だ。
こんな時に限って、水中ハウジングを持ってきていない。
あー残念。
奄美の海は、変わらずにしょっぱかった。
[PR]
by toruteh | 2009-07-25 16:43 | 島旅日記 | Comments(0)

奄美旅5・夏の日差しが戻ってきた

どこに行っても、まだまだ人がたくさんいる。
今回の日食ツアーでは、古仁屋に泊まってバスで北に観測に行くというご一行もいたらしく、古仁屋で、旅人たちと会った。
北だけでなく、南にも日食の恩恵があってよかったと思う。

昨日は久しぶりに日差しが戻って、奄美らしい暑さになった。
車のクーラーがあまり効かない。
こんないい天気を見ると、やはり、きっちりとした皆既日食を見たかったと、わがままな気持ちが沸いてきたりする。満足していたはずなのに。

古仁屋のジェラート屋でジェラートを買って南を後にした。古仁屋の夜は、いつもディープで、朝食べるこのジェラートがアルコール度数のあがった体を優しくいたわってくれるのだ。

幼稚園までを過ごした阿木名を過ぎ、生まれジマ、勝浦を過ぎる。知り合いがいないので、ここはいつも通過するだけだ。

左手に大島海峡が広がる。網野子峠からみる大島海峡はすばらしい。すばらしいが、つづれ折りの道は、車を止めることができないので、ゆっくり味わえないのが残念。

この峠の下にも、トンネルが通るらしい。名瀬から長い山道を来て、下り坂に入り、さーっと眼下に広がる入り江の景色が、またひとつなくなってしまうのかな。

夕べは女子寮の仲間と久しぶりに再会した。みんな、日食あたりを体験していた。やはり、日食あたりはあるんだな。
[PR]
by toruteh | 2009-07-25 06:59 | 島旅日記 | Comments(0)

奄美旅4・ヤドリ浜へ&日食あたり

昨日は不思議なことに、日食を見て帰ってきたらとても疲れてしまって、一緒に行った3人とも爆睡した。前日に寝ていなかったというわけでもないのに。
見に行った友達に聞くと、やっぱり、ばったりと寝てしまったという。
一時的にでも、夜が来ると、動物は寝るようになっているのかもしれない。体が、無意識に夜に反応したのか。ほかにも見た人の話を聞いてみたい。

今日は、瀬戸内町のヤドリ浜へいく。潮が引いていて、リーフが出ていた。リーフまでもかなりあり、その先へ行ったことはなかったので、初体験のリーフの外だった。
長途潮が満ちてくる時間に当たったようで、波が岸に向けて一気に流れ込んで来る。リーフ内を歩くのも難しいくらい、流れが速かった。

潜ると、魚の群れに出くわす。大きいのから小さいのから。黒いのやら、青いのやら、黄色いのやら。
珊瑚礁が新しく生まれだしている。
再生している海を見る。
[PR]
by toruteh | 2009-07-23 15:48 | 島旅日記 | Comments(2)

奄美旅3・皆既日食

見えましたか?
見えました。

雲がぐんぐん流れていきます。
午前9時35分、そろそろ始まります。期待で胸が高鳴ります。
最初は何の変化もありません。
「あっ、欠けてきたよ。左下、いやいや上でしょう」
などの言葉が飛び交うぐらいですから、雲は厚いのでした。
次第に欠けていきます。
会場が、熱気に包まれてきました。

午前10時50分、ついにその時がきます。
周りの人たちが立ち上がり始めました。寝転がっていても太陽と自分たちの距離はそう変わらないのに。
気持ちがそうさせてしまうのでしょう。
飛行機が一機、上空を旋回しています。
日食ツアーらしいです。
飛行機が、夜間飛行用のライトを点灯しました。
あたりは闇に包まれ始めました。気がつかないような、はっきりわかるような不思議な闇が始まりました。

水平線が明るくなるというのはどういうものなんだろう。
太陽に向かって右の方角が夕焼け色になってきました。
弧を描くように夕焼け色になることはなく、左側は、夕闇がせまりました。
みんな総立ちです。
「やった~」闇が訪れました。
ここからさき、記憶がありません。

再び、太陽が顔をのぞかせました。だれかしらが、「そろそろだ~」と声をかけるので、空を仰ぎました。
みんなで一丸となってくる雰囲気が面白かった。
太陽が出始めると、あたりは、一気に明るさを取り戻してしまいました。

一瞬のドラマが終わりました。

厚い雲の下で、あいにくコロナなどを見ることはできませんでしたが、それでも、雨が降らなかったことに感謝します。
写真は、いいのはないです。木漏れ日が楽しいはずでしたが、曇天で影は無し。

それが実は、救いだったりしました。誰一人、日射病にはならなくてすみましたから。
写真がなくてごめんね。
[PR]
by toruteh | 2009-07-22 17:41 | 島旅日記 | Comments(2)

奄美旅2・テント村見られず

住用の園にいるおばあちゃんを訪ねると、記憶が戻ってきていて、驚いた。元気そうで何より。

北へ向かう。明日の下調べでもないが、安脚場(あんきゃば)にいってみる。もう少し高い位置がいいと思われる。そこから峠を登る。
あっ、めちゃくちゃすてきな場所にたどり着いた。

ここなら300度で水平線が見渡せる。すごいぞ~。
眼下にはきれいな砂浜がみえる。あれは、クジラ浜だなきっと。
目を北に向けると蒲生崎が見える。
私の一番のおすすめスポットであるが、屋根があるので、観測には適さないかもしれない。

とてもいい場所なのだが、明日くるにはちょっと厳しい場所。

北へ向かう。テント村を見に行こうといっていたが、海があまりに蒼くて私たちを呼ぶので、テント村より、海を選んでしまった。

いつも行く海が、混んでいた。うわぉ!
波が高くて、残念。

帰りにテント村の横を走る。ゲートには監視員がいて、関係者以外は入れないようになっていた。当たり前か。

お客さん第一ですものね。

その後あやまる岬へ

ここはいつみてもきれい。明日、ここはとてもいい撮影ポイントになるだろう。

さて、どこでとろうか。

平田町を出ない可能性大。

綺麗な土盛り海岸にテントが並んでいた。
[PR]
by toruteh | 2009-07-21 20:00 | 島旅日記 | Comments(0)

奄美旅1・奄美の朝

朝、耳の奥にグッカル(あかしょうびん)の声が木霊する。
透き通る声がどこまでも響き、空気を澄ませ、眠りから引き起こして、目の奥に、緑の森を見せる。

ああ、奄美だったのかと、記憶が戻ってくる。
人は耳から目が覚めるんだなぁ。

グッカルの掛け合いは、しばらく続いていた。朝日なのにもう眩しい。
奄美の一日が始まった。
車の台数が半端でない。さすが、明日は皆既日食なんだなと思う。

今日はテント村でものぞいてこようかな。
[PR]
by toruteh | 2009-07-21 08:24 | 島旅日記 | Comments(0)

明日から奄美~

やっと帰れるぜい。V(^^)。

奄美は暑いのかなぁ。今日は一日ぐったり寝てしまった。やっぱり歳にはかてんなぁ。

島に行って充電するです。

22日には晴れますように。

明日は、鹿児島→徳之島→奄美でやんす。

12時間くらいの旅になります。遠い~~~。

では、猫たちも頑張れ。ワシも頑張るにゅ~。
[PR]
by toruteh | 2009-07-19 21:24 | つれづれ | Comments(2)

今日は中野チャンプルーフェスタへGO!

中野チャンプルーフェスタが昨日から始まりました。今日は、スタローズの若手、もっちゃんがさっちゃんねぇと「あらしゃげ」というユニットを組んで出ます!
午後3時にサンプラザ前のステージです。
奄美のシマウタ、楽しんで下さいね~。もっちゃんとさっちゃんねぇの「シマウタ」歌、いいですよ~。

http://nakano-chan-fes.web2.jp/
[PR]
by toruteh | 2009-07-19 11:10 | 唄日記 | Comments(0)