ブログトップ

猫とぬっちょりとお気楽な日々

torute.exblog.jp

<   2009年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

成長していく歌

スタローズで作った「シマウタに出会って」を、たくさんの人に聞いてもらった。

満員の豊島公会堂、あがらないわけはないです。

トップバッターの城南海ちゃんを、舞台袖で見ることができました。初めてなのに、懐かしさを感じる少女のようなかわいい女性でした。

彼女の歌う歌はキラキラと輝いていました。これからどんどん大きくなっていく人なのでしょう。

リハーサルでは、いろんな人の歌声を聴くことができました。みんなうまいです。完成されています。こんな中でスタローズの歌はどこまでみんなに届くのだろうという不安もよぎりました。
それにうちらは、リハ無しなんです。

城ちゃんが終わって、ついにスタローズの出番になりました。

暗転で立ち位置にスタンバってといわれ、初めて大きなステージの上に立ちました。

きゃー、満員です。

三味線担当でなかったことに胸をなで下ろしました。
しかし、自分のソロパートはやってくるわけで。

無事に第一声が出て、自分のパートが終わって、やっとホッとしました。

自分の歌を歌うのがまだまだ精一杯です。

それでも、1月の時よりうまくなったね~、とか、CDないの?なんて言われると嬉しいです。

スタローズってやっぱり不思議な仲間だなぁとしみじみ思った日でした。
[PR]
by toruteh | 2009-05-31 21:28 | 唄日記 | Comments(0)

今日は奄美フェスタです

雨が上がりました。よかった~。

池袋の豊島公会堂とその前の公園で、奄美フェスタが開かれます。

我那覇美奈ちゃん、アンナちゃん、大和君、奈美ちゃん達が出ます。他にも若手が一杯。

そしてなんと、スタローズがオープニングアクトで、一曲歌わせてもらうことになりました。
うひゃ~すごいね~。

城南海ちゃんが一番手、うちらは2番手です。

午後1時スタート。うちらの持ち時間は5分なので、ぜひ、頭の方から聴きに来てください。

そのご、スタローズは、ホコラシャブースで、カレー売っている予定です。
こちらも、ホコラシャマスターが、腕によりをかけた一品「角煮カレー」であります。

おいしいよ~。
カレーブースは公園ですよ~。

じゃ、頑張ってきます。

もう集合時間、凄い遅刻です。
[PR]
by toruteh | 2009-05-31 07:53 | 唄日記 | Comments(0)

困ったら猫に聞け

人に意味もなく見られている。さて、そのときどうする。

ナー君を二人でじーっと見ていたら、ナー君はゆっくりと瞼を閉じた。

なるほど!!そういうことか。

人の目が気になったら、こちらがシャットダウンすればいいんだ。
それも、相手に悟られることなく、ゆっくりと。まるで、オジギソウのようにゆっくりと瞼を閉じてみよう。

ゆっくりと瞼を閉じるのは、意外と難しかったりする。
[PR]
by toruteh | 2009-05-30 20:56 | つれづれ | Comments(2)

新しい呼び名、ルート百郎

久しぶりに、(最近久しぶりが多いね)フリーの仕事が入ったので行ってきた。
いく前は、昔のように、やっぱりゲリっちょん。この癖は変わらないらしい。

久しぶりに、小道具箱をひっくり返した。懐かしいね~。5年前の自分がそこにいるようだった。
忘れてしまっていたね~。元気だった?

5年の間に、カメラはデジタル一直線になったね。
データ処理も、簡単な方に逃げていたから、今日明日と、データ処理でちょっと腕まくりしなくては。とほほ。
[PR]
by toruteh | 2009-05-28 23:02 | 写真の話 | Comments(0)

久しぶりに

久しぶりに二日酔いで辛かった~。
って、この前もだっけ?

気がつけばボトル一本は空けていたかな。
道理でトイレが近かったはずだ。

朝、起きられず。出かける寸前まで寝ていた。

帰ってきて爆睡。
やっとアルコールが抜けてきたような気がする。もう飲むまい。いつも思うことだが。
[PR]
by toruteh | 2009-05-27 20:22 | つれづれ | Comments(0)

猫は気象予報士

朝、まだ濡れているベランダに出せと猫がしきりに言うが、濡れいてるので窓を開けなかった。

あれほどみんなが生き生きしているから、今日は天気になるかもと、曇り空を見上げながら家を出た。

昼ご飯で地上にあがると、見事に五月晴れの天気に出くわす。

猫たち、すごいです。人はそういう肌感覚はもう忘れてしまったのかな。
[PR]
by toruteh | 2009-05-25 21:32 | 猫日記 | Comments(0)

不自由な籠の鳥by吉田拓郎(元気です)

日本古典舞踊の撮影で、一日。

先生が亡くなってしまったので、仕事に対する気持ちも、面倒くさいから、大切にやらせていただきますに変わった。そのせいか、仕事後の疲れが、五分の一になった。気持ちの持ちようで、いくらでも人は変われるというのを、また、改めて教えてもらった。

やっぱりどこか寂しい。もう、ここに先生はいないのだということが、一々脳裏をかすめる。
この間のように、撮影中に涙をすることはないが。

明日、納骨で、お嬢さんが沖永良部へ行かれるという。やっとふるさとでゆっくりできますね。
いつか会いに行きますね。
久しぶりにサンシンを手にとり、エラブ百合の花を唄いました。聴いてくれましたか?
今まで本当にありがとうございました。

シマウタは、いつの間に、「不自由な籠の鳥」になってしまったんでしょうね。私は私のシマウタをあなたに送りたいと思います。
[PR]
by toruteh | 2009-05-24 22:48 | 唄日記 | Comments(0)

今回のピンホールカメラ

これなら、撮影中に空中分解することもあるまい。
ジャンクホルガを使っています。

ピンホールを開けるのが意外と難しいの。
絞りのメジャーを持っている方がいて、思わず写させてもらいました。これは、アンチョコになります。計算苦手の私には
f0148726_203466.jpg
f0148726_2035829.jpg
嬉しいっす。
[PR]
by toruteh | 2009-05-23 20:04 | 写真の話 | Comments(2)

暑いです

猫を見ていると、今日が暑いのか寒いのかよく分かる。


f0148726_2005854.jpg


今日は暑いらしい。
[PR]
by toruteh | 2009-05-23 20:01 | 猫日記 | Comments(5)

ふむふむ、写真の話しでも

書くことが無いので、写真の話しでもしようかと思ったり。

「商品撮影」のことを、「物撮り」と言ったりします。最近主にやっていることです。
商品撮影は、商品が綺麗に映っていることが最低条件だと思っています。
そういう写真が減りましたね。
金属は金属に、紙は紙に、布は布に。それぞれが違った光を放つその声を聞いてあげないといけないと思います。
聞ける人が減りました。自分の思いだけでシャッターを切っている。
だから、映像に、彼らは映ってこないのだと思います。
光のグラデーションの多さが、物撮りの命だと思いますが、それも気にしないような写真では、商品がかわいそうになります。
もっと、彼らの声を聞いてあげましょう。

と、もっともなことを偉そうに言うから、やっぱり写真の話しはしたくないね。
[PR]
by toruteh | 2009-05-22 23:51 | 写真の話 | Comments(0)