ブログトップ

猫とぬっちょりとお気楽な日々

torute.exblog.jp

<   2008年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

お花見

九段下の駅で降り、千鳥ヶ淵の桜並木を眺めた。
サクラはもう満開だった。

今年も、靖国神社参りは忘れない。

遊就館の外観が完成していた。
凄いなぁと見上げていると観光バスがぬるりと登場し、驚かされた。
靖国神社も忙しい時期らしい。

さくらと、戦争と、戦後と。切り離せないものを感じながら。
f0148726_12125932.jpg


守ってもらった私たちが出来ることはこれくらいしかない。
[PR]
by toruteh | 2008-03-31 12:14 | つれづれ | Comments(0)

今日は雨になりました

金曜の夜の、プチ同窓会で飲み過ぎて、全く回復しない体調。
土曜日よりはましだが、酒がまずい。

そんな中、桜の下でシャミを弾いた。シマウタは風に乗り、桜の花びらを散らせた。
体がいくつもあればいいと思った日だった。行けなくてゴメンナサイ。
[PR]
by toruteh | 2008-03-30 20:36 | つれづれ | Comments(0)

沖縄時間

中野の「沖縄のアイドル」愛蔵ちゃんが、今年もチェンマイから帰ってきた。
今回は桃園会館という場所で、いろんな人たちの歌や演舞を見ながら、客席は酒盛りありのステージだった。
酒を飲みながらいろんな人のいろんな出し物を楽しんだ。

飛び入りも歓迎だったので、でちょっとだけ出させてもらった。
不思議なのは、みんなが真剣に聴いてくれること。
私たちのステージの前がとても旨い方だった。この人の後の人は辛いなぁと思っていたら、「ヨカルまさるさん、次ですよ」といわれてしまった。あっちゃ~。

ステージに上がる。先ほど唄っていた人にじーっと見られていた。

帰りにその謎が解けた。「八重山の歌と奄美の歌は感じるところが似ているね。一緒に歌いたくなってしまった」と。とても嬉しい言葉だった。
「月のかいしゃ」を歌ったら合うと思う。歌って欲しいと、相棒が言われていた。そう、彼女にはしっとりした歌が似合う。いつか、彼女の歌う「月のかいしゃ」が聞けたら凄いかも。

愛蔵ちゃんに、似顔絵も描いてもらった。それは後ほどアップしますね。

いい日でした。
[PR]
by toruteh | 2008-03-30 11:54 | 唄日記 | Comments(0)

焼酎トリップ

黒糖あめ玉をなめながら焼酎を飲むと、チューハイになると知人が言っていた。
なるほど面白い。
昨日は、八百屋で見つけた島らっきょうを、生のまま味噌をつけて食べた。
そして、黒糖焼酎を飲んだ。
いや~、奄美にトリップしました。
いっきに、島に帰ったようでした。

今日もいい天気です。
[PR]
by toruteh | 2008-03-28 13:58 | つれづれ | Comments(4)

今日は春のような天気でした

毎回、開くたびに、自分の顔と対面するのもばつが悪いので、日記を更新することにした。
革教室の日だったので、お弁当を作って自転車に乗って、春の日の中を出かけた。
今日のおかずは、タケノコごはん、菜の花の和え物と、春づくしだ。水曜日だけは、なぜか、朝キッチンに立つのが楽しい。

自転車で通り過ぎる近くの公園の桜が、もう7分咲きだ。写真を撮りたかったが、家を出るのが遅れたので、写真はまたの機会にしよう。

桜の花と猫のデザインをしたバッグなので、出来れば今日完成したかったが、鞄の内装には思ったより時間が掛かる。
組み立てに入って3日目の、今日でも終わることは出来なかった。

先は見えていたと思ったのに、奥が深いものである。

満開の桜の下で、この鞄を撮影したいと思ったが、間に合うだろうか。今日の暖かさで、サクラはもう満開に近い。
[PR]
by toruteh | 2008-03-26 20:13 | つれづれ | Comments(4)

猫は不思議

猫が、ここ数日、私の近くにいる。キララかあさんだが、彼女が私に寄り添うのは珍しい。
彼女が寂しいのか、私が寂しいのか。
どちらだろう。家を出るときも送りに出る。帰ってくるときも迎えに来る。
さて、私が寂しいのかな。

春の日の一枚
f0148726_22445894.jpg


実はみんなもいる。
f0148726_22453445.jpg

[PR]
by toruteh | 2008-03-21 22:46 | 猫日記 | Comments(8)

第三者は楽

友達につきあってウインドウショッピングを楽しんだ。
自分が買うときは、おどおどしてしまうが、他人事だと、とても冷静な判断が出来て、あれこれお店に注文も出来て楽しいというのを、実感してしまった。

友達は、雰囲気が自分とは正反対なので、自分の着そうにない服装が似合う。それを着てもらうのもまた、楽しい。
[PR]
by toruteh | 2008-03-21 21:44 | つれづれ | Comments(0)

音楽がくれるもの

今日は久しぶりに思い切り三味線の練習が出来た。本番が近づいてきたからだが、練習が終わって、心が落ち着いてきたのがわかった。
この2,3日、自分は変だった。
心がここにないような、過去の自分に引きずられる感じだったが、島唄を歌って、やっと今の自分を取り戻せたような気がする。
10年前、やっぱり自分は気持ちが危うくて、自分ではどうしようもなかった。
そんなときにシマウタに出会うことが出来て、本当によかったと思う。
その当時に知り合った友達に、10年ぶりに合い、そのときの自分に戻ってしまったのかもしれない。そしてまた、シマウタが、今の自分を救った。
友人はその当時の自分を知っている。自分は人の目にどう映っていたのだろうか。切れ切れに生きていた自分は、迷惑だったに違いない。
もっと、違う自分でいられたら、また、違う人生があったようにも思うが、今、こうしていられることの幸せを大切に思う。
そういう力を持つシマウタを、大事に唄っていきたい。そう思う。
[PR]
by toruteh | 2008-03-18 22:45 | つれづれ | Comments(2)

今日の一品 菜の花の和え物

八百屋の店先に、春の食材が並ぶ。食材とは失礼か。
春の香のもの。
うど、ふきのとう、菜の花。
美味しそうだが、調理の仕方をあまり知らない。
去年は買っては見たが、冷蔵庫の肥やしにしてしまった。
今年は頑張ってみた。
ウドは、炒め物などにも使い、使い切れたときは嬉しかった。
菜の花はいつも茹でてマヨネーズ和えだが、今年は、あえるものを作ってみた。
白味噌、三温糖、酢、みりん、醤油、ごま。
けっこう美味しくできたので、レシピを書き留めておこう。
みりんと醤油は軽く沸騰させ、みりんのアルコールを飛ばす。そこへ三温糖を入れる。
ごまをすり、白味噌、酢を混ぜておく。
後は合わせるだけ。
それぞれ大さじ1くらいかなぁ。
菜の花は茹でて水でさらした。
口に広がるほろ苦さと、ごまの香ばしさがたまらない。
[PR]
by toruteh | 2008-03-18 21:45 | おいしいもの | Comments(4)

次のステージが決まったよ

川崎のイベントに出たときに頂いた、次のステージはアジア音楽交流祭のストリートです。
ヨカルまさるwithスタローズ
日程:4月20日(日)
出演時間:15:45~16:15
会場:川崎ルフロン1階シンデレラステップス
http://www.lefront.jp/

です。

その前日も、実はステージがあります。
こちらです。
http://amami.sakura.ne.jp/
[PR]
by toruteh | 2008-03-16 21:40 | 唄日記 | Comments(6)