人気ブログランキング |
ブログトップ

猫とぬっちょりとお気楽な日々

torute.exblog.jp

カテゴリ:フラメンコ( 33 )

ソニテケを探しに

ハビエル・エレディアのクルシージョに行ってきました。
2年前、ソニテケなんて言葉も知らないとき、彼のクルソは、何やらいい感じで、その後のオフが四谷三丁目のカサアルティスタ。そこで撮影した一枚をみんなに送ろうとして、フェイスブックをいろいろな人と繋げた。不思議な縁で、その後、その一枚に写った人達と、友達になったり、ステージを観に行くようになったり。私のフラメンコの世界が広がった。
そのきっかけになったハビさん達にまた会いたくて、クルソへ。
ハビさんは、パルメーロ(パルマを打って、その場を盛り上げる人?)。
パルメーロは熱い。語る。フラメンコを純粋に愛していて、とても大切にしているというのが伝わってくる。パルマの技より、なぜそこにこれが存在するのか、そういうことを伝えたいと思っている。きっと。
先月受けたホセルビチさんも、クラスの時間の半分以上を、解説に費やした。もっともっと時間があれば、きっともっともっと話していたに違いない。一晩じゃ足りないのかも知れない。なぜそこまで話すのか。それは、形だけのコンパスがあまりにも無意味で悲しいからなのだろうと思う。
彼らが伝えたいのは、フラメンコの本質。それはとても時間の掛かるものだし、日本人にはたどり着けない何かなのかも知れないのだけれど。
私は、少しでも覗いてみたいと思って、受けるのかなー。

by toruteh | 2018-06-18 09:59 | フラメンコ | Comments(0)

北原さんを見に、ガルロチへ

今夜(2018/6/10)のガルロチは、北原志穂さんと、Barulloのライブでした。
もしかしたら、の感が当たりました。
オープニングの時のバルージョの笑顔が半端ないし、2人の息の合い方も半端なくぴったり。ステージ終了後にバルージョが、志穂さんを紹介するときに、兄弟のように暮らし、練習をしてきたことを明かした。あの笑顔は、久しぶりに会った兄弟への笑顔だったんですねー。
暖かくて、とても素敵なステージでした。
志穂さんはSiguirillaを踊った。「ブラソの一振りにも意味がある」と教えてくれた志穂さんのステージでの踊りを見たのは、今夜が初めてだった。
動きの全てに意味があり、巧みに構成されたステージ、見事なリズムキープ、物語は最終段階に突入する。その寸前に、ライトが明るくなりすぎて、会場から拍手が湧いてしまった。
締めに入るその空気感を、残念ながらかき消してしまった。ギターが鳴り、止まった空気が動き出し、ステージ中央で、静かに崩れ落ち、ステージは暗闇に包まれた。あの一瞬のライティングを、もう少し考えてくれていたならと、とても残念だった。それでも、鼻の奥がツーンとし、北原ワールドに引きずり込まれたのはまぎれもない。
 

by toruteh | 2018-06-18 09:48 | フラメンコ | Comments(0)

フラメンコ三昧な1日でした

フェイスブックにフラメンコの知り合いが増えてしまって、あまり書けなくなってしまったので、ここに書こうと思います。

 今日は、今、ガルロチに出演のカルメンさんのクルシージョ(単発クラス)に出てきました。気になっていたけれどきっとうまいひとばかりだろうし、と思っていたのと、夜は歌の特別クラスが予定されていたので。
でも、人が集まらずに講座が開かれないかもーと言う話が前日に回り、急遽出ることにしました。

あー、ブレリアかー。ブレリア苦手なんですよ。
それに、出来ないからやりたくないしね~。と思いながらだったので、もう、全然出来ませんでしたが、やっぱり、楽しかった。ブルンと言う動きはやっぱり、あのカラダがなせる技ですな。鏡に映った自分の姿が、華奢に見えて悲しかった。これでも十分ふといのですが。

 夜はギターラの俵さんを囲んで、カンテを歌うという会でした。生ギターでカンテ歌えるなんていうことはなかなか無いし、あの俵さんに、直々に弾いてもらえるという贅沢を味わいながら、歌を歌わせてもらいました。
歌を歌うのはとても久しぶりなので、声は出ないだろうと思っていたのに、以外と出ました。師匠に三味線をつけてもらっていた時を思い出したか。弾いてもらって歌うのはいいね。
 エアチェックで気になっていた曲を歌った。バンベーラという曲とも知らず、気になっていて、カンタオーラ彦坂さんに教えてもらい、歌詞を探した。
パルマもわからないのに、歌ってしまった。とりあえずコンパス合っているということで、オーケーでしょ。ということに。
あきよちゃんの歌がすごく素敵になっていた。本番を迎えた後だからかな。すごく数段上手くなってる。私もガンバロウ~。

くじけながらも、楽しい1日でした。明日は仕事ですね。早く寝ましょう。

by toruteh | 2018-05-23 23:15 | フラメンコ | Comments(0)

新しく始めるということ

何かを始めると言うことは、何かが開くと思われる。昨夜、三味線を始める彼女とシマウタライブのDVDを見ていたら、今まで気にしたこともなかったのに、映像の中の三味線に釘付けと話す。持ち方、はじき方、いろんなものが発見という。わかる、わかる。私もこれまでCD聴いている時、聴いているつもりだったんだけど、今日はギターの音がこれまで聞いていた音とは違って聞こえたんだよー。何かが開いたんだよね、きっと。
50でフラメンコ、53でカンテ55でギター。さて、道はどこへ続くのだろう。日々いそがし、また、楽しくもあり。

by toruteh | 2018-04-06 11:41 | フラメンコ | Comments(0)

ティエントという曲

バイレのクラスが新しい曲目になり、ティエントスがスタートした。
毎回行けずにだんだん置いてきぼり感があるけれど、いけるときは頑張ろう。
昨日もクラスの日だった。
後ろ向きで歩いてきてスタートする。
その意味を昨日は教えてもらった。
一つドラマがあって、その後というシチュエーションなのだと言われ、おお、そうなのかと、感動する。
そう言われると以前カンテクラスで習ったティエントとの歌詞も、何か大変なことがあった後からスタートしていると思えば歌の意味が深くなる。
なるほど、なるほど。
素敵な曲を聴いて、素敵に踊りたいでしょ〜と言われると、そうだよなーって思う。
多分毎回新曲のスタートの時にそんな話をしてくれているような気がした。
その言葉が、やっと届くところまでは、なんとか来たんだな、って思った。

by toruteh | 2018-03-11 17:23 | フラメンコ | Comments(0)

スペインへ

バスク地方に旅をしている。
ビルバオ、都市名もなかなか覚えられなかったが、やっと記憶する。
昨日はグッゲンハイム美術館へ。
大きな犬ちゃんが迎えてくれた。
チタン製の建物がすごい。
ここでランチ。ミシュラン星付きなのにお手頃ということで。
前菜にスープを選んだら、それだけでお腹いっぱいになり、メインもデザートも入らなかった。それが残念。
f0148726_13341600.jpeg
これがメインの羊。角煮のようでした。
by toruteh | 2018-02-16 13:30 | フラメンコ | Comments(0)

奄美でフラメンコ!ついに明日開幕ー!

奄美入りしました。
とりあえず明日が来ます。
ディfm、たつごうfm、東京からの出演、新聞等々いろいろ出させていただき、ここまで来ました。
明日は群体と重なりチケットキャンセルも出ましたが、なんとか夜の部は満員御礼になりそうです。
ありがとうございました。
早く寝て明日に備えなくては。
フラメンコの風吹かせまーす。
おやすみなさい。

by toruteh | 2017-07-15 00:39 | フラメンコ | Comments(0)

道は遙かなり

仕事とレッスンの二本立てはさすがに集中力が持たないので、最近は避けていたのだけれど、今日は久しぶりに二本立て。
今夜はパルマ教室。パルマがあまりにも馴染まないので、このままだとフラメンコも嫌いになっちゃうかもと、向かう電車の中で考えていた。
しかーし、今夜はなんだか楽しかった。
行く前よりフラメンコが50gくらい好きになってた。やめようかと少し思っていたけれど、もうちょっと頑張ってみることにした。パルマの向こうに踊りが見える気がした。
他の人のずれているのは気がつくけど自分の音を離して聞くのはまだ、できない。それがでるまでには、あとどれくらいだろう。先は遙かなり。
by toruteh | 2017-03-02 00:42 | フラメンコ | Comments(0)

ひたすら向かっている先には何があるのだろう

水曜日は
f0148726_09445997.jpg
f0148726_09445997.jpg
松さんのパルマクラス。
なかなか難しいです。
松さんの話はコンパスから見たフラメンコや音楽の話が出るのでそれもまた楽しいです。
カンテ、バイレ、パルマ、どれも素晴らしい先生に習うことができて感謝です。
あとは、受け取るこちら側の力不足で、申し訳ない限り。
そんなことをやっと反省して、初めてスタジオを借りて練習。記念に一枚。
しかし、思っていた以上に運動オンチ。 歌オンチ、リズムオンチ。
シクシク(T . T)。やっと本気モードになったということかな。
by toruteh | 2017-01-27 09:43 | フラメンコ | Comments(0)

久しぶりにフラメンコ鑑賞

もう寝ようとでかおちゃんが誘う。
島から帰ってきた初日の仕事は筆が乗るかのように、撮影が早い。
だから、今日は、仕事が楽だった。
フラメンコを楽しむ気力を残すことができた。
今夜のアレグリアス、好きかもー。
何も知らないで見ていたフラメンコも好きだけれど、知ってみるとまた新たな一面が見えてくる。
アレグリアスを踊ったIさんの踊りを見るのは今夜で二度め。前回は繊細な踊りをする人だなと思ったけれど、今夜は強い踊りだった。迫力あったー!元気をもらうアレグリアス。いいなあ。いつかそんな踊りができる日が来たらいいなあ。
よし、すっきりした。寝ようか、でかちゃん。
by toruteh | 2017-01-12 23:14 | フラメンコ | Comments(0)