ブログトップ

猫とぬっちょりとお気楽な日々

torute.exblog.jp

父の夢み

勝浦のようちゃん大丈夫だったかな?
起き出して来た父が言う。
夢を見ていたらしい。勝浦にいたのは50年以上も前だ。
夢はいつまでも心の何処かで気になっていることが、具象化されてしまうのかもしれない。
疲れる、疲れるね、と夢と戦い続けている父。

[PR]
by toruteh | 2017-10-12 20:27 | 介護帰省 | Comments(0)
<< 夜は嫌い おはようの朝 >>