ブログトップ

猫とぬっちょりとお気楽な日々

torute.exblog.jp

夜を歩く

なっちょりとした重たい空気が体にまとわりつく今日1日。
それは夜になっても変わらなかった。
西に走り東に走り、もう一度西に走り、最後に東に戻る。
目まぐるしく慌ただしく1日が過ぎていった。
自分は何がしたいのか。何者になりたいのか。
それは誰にもわからないし、答えもそこにはない。
答えは、いつか見えてくるだろう。とりあえず今は心の信じるままに舵を切って闇雲に走っていく。

[PR]
by toruteh | 2016-09-04 22:24 | つれづれ | Comments(0)
<< 後悔と希望が交差する 母と父と >>