ブログトップ

猫とぬっちょりとお気楽な日々

torute.exblog.jp

梅雨入りか

ドアを開けて外に出ても、ひんやりとした朝の気持ちよさはなく、蒸し暑くさえあった。昨日出会った町猫に挨拶し、朝の散歩から戻る。
父はまだ寝ていた。水曜日のデイサービスから帰ってきてからかなり疲れがたまっている様子だ。起きているのか寝ているのかわからないと話すくらいだから。

ラジオ体操の音で起こしてみると、元気に飛び起きた。もううまくは動かない体でしかし、毎朝の日課は、欠かさない。
ジャンプは、さすがにできない。

今朝の朝食は、昨日の夕食後に作っておいたぶり大根だ。
もう、目がない、というくらいにかぶりついていた。お気に召してよかったです。

魚好きは、ある意味助かる。

食べ終わって、少し人間に戻る。

今日は母の入所している施設への、デイケア。
着替えも済ませて、車の到着を待つ。
行ってらっしゃい。
しばし、私の休息。
小糠雨が街を包む。
それでも鳥たちは元気に囀っている。
日が射さないというだけで、こんなにもひっそりとするものなんだと感じる。

[PR]
by toruteh | 2016-05-06 09:04 | 介護帰省 | Comments(0)
<< 霧深し山へ 帰省 >>