ブログトップ

猫とぬっちょりとお気楽な日々

torute.exblog.jp

夜の明かり

真夜中に目が覚めれば、時計の針はまだ今日であり。

薄闇の中、キッチンを過ぎれば、床に落ちる光有り。

光を手に掬い、光の元を辿れば、カーテンから漏れ来る外の明かりなり。

少し開いた窓から、まだ起きている外の音が聞こえてきた。

少し浮かれすぎている最近の自分を、少し冷静に引き戻してくれる。

何がしたいのか、どこに行きたいのか。
[PR]
by toruteh | 2015-06-26 01:13 | つれづれ | Comments(0)
<< 詩うた カンテとしまうたと >>