ブログトップ

猫とぬっちょりとお気楽な日々

torute.exblog.jp

頭の中が真っ白~

日曜日は、S-1グランプリに出場、月曜日はフラメンコの、今月2回目の本番だった。

いずれも練習不足はいなめなかったが、自分なりには仕上げてきたつもりだった。

しかし、現実はそう甘くはなかった。

ステージに上がると、頭の中が真っ白になったのがわかった。その先は、どれだけ練習を積んだかが勝負になるのだなと、実感した二日間だった。

S-1では、いつも途中でシャミが弾けなくなるので、今回は譜面を使った。ステージに上がって譜面代を立てるのは初めてのことだった。

以前、途中でシャミが止まったときに、「気持ちを伝えるためにも、譜面代を立てるといいのに」、とグランプリを取った人に言われたのが、頭のどこかに残っていたのかもしれない。

みんなのステージが終わって、審査員の先生から「本番に譜面代はないでしょ。自分の唄なんだから憶えてきなさい」との評があった。まさにだよね。

譜面代を立てた自分に凹んだ。
S-1は、毎回新しい人達が出場してくる。どれだけの音楽人口が居るんだろうと思う。常連になって顔なじみになった人達もいるが、若い人達が増えた。

上手い人は上手い。「グランプリはきっとこのグループだね」と常連さんと話していたら、やっぱりそのチームが選ばれた。曲もさながら、唄と演奏のバランスがいい。歌も上手い。さすがです。

さて、フラメンコの方の反省

こちらは、練習時間が少ない4人が、入門コースに参加しての出演となった。

こちらのチームでは、4人は一曲集中~!で臨んだ。
練習する度に新しい課題が生まれるのだが、振りを覚えたのも最近なので、それを踊り込むだけの時間はなかった。この3週間の間に指摘された箇所は、結局直せなかったようなきがする。
何しろ頭の中が真っ白だったから、何をどう踊ったのかは、残念ながら覚えていない。

入門コースの人達と入れ替わるときに、一緒に下がってしまわないようにだけに集中した。頭の中が真っ白に
なる経験を二日続けて体験し、少しボケ始めたのかなとも思ったけれど、この頭の中が真っ白になるということが、本当は必要なのかもしれない。真っ白になって何が出来るのか。

これこそが、「無」になることなのかもしれない。

これが出来るようになったのなら、この先は練習して自分を磨き、その無の中に何かを見つけられるなら、いいなあ。
[PR]
by toruteh | 2014-11-25 06:14 | つれづれ | Comments(0)
<< 風が舞う 冬の朝 >>