ブログトップ

猫とぬっちょりとお気楽な日々

torute.exblog.jp

体の悲鳴か

真夜中に、足の指に激痛が走り目が覚めた。

足の薬指が痛い。

足の踏み鳴らし方が強すぎるのだろうか。靴が合わないのだろうか。

足を踏み鳴らすのは、慣れてくると、次第に体重をかけるのが上手くなり、音が出るようになる。

最近やっとそれが体感できるようになった。

しかし、そのせいで、体重が足指にかかりすぎるのだろうか。

靴の形状が少し合わないのかもしれない。

足を踏んで、思うように音が出るのは、ちょっと楽しい。いや、とても楽しいかも。

先日の練習で、踊っている自分のシーンを録画撮りした。

結構上手くく踊っているつもりだったが、全然たいしたことがなかった、わらい。

上達は、一朝一夕でできあがるものではないんだなぁと実感させられる。何事においても、そうなんだよねきっと。
[PR]
by toruteh | 2014-11-05 08:38 | フラメンコ | Comments(0)
<< 一夜明けて 蜘蛛の糸の片鱗を見た >>