ブログトップ

猫とぬっちょりとお気楽な日々

torute.exblog.jp

碇山奈奈というフラメンカ

奄美にいる頃に、碇山奈奈さんというフラメンカの人が、凱旋公演をした。

私は、ちょうど新聞社にいて、取材に伺った。

子供たちのために、夜の公演の前に、無料で公演をしてくれたのだった。

インタビューは、してみたが、公演前ということもあったのだろうが、軽くあしらわれてしまった。

それでも、フラメンコがみられるので、私は嬉しくて客席に座った。

ステージが始まった。息も出来ないくらいのフラメンコという未知のステージに見入った。

すばらしかった。

ただただ、すばらしかった。

その時の記事は、四段抜きで扱われた。

綺麗だった。

碇山さんが、フラメンコになぜ夢中になったのか、そんな話を聞いてみたかった。聞いたのかな?よくは憶えていない。

島の子供たちに何か言葉をもらいたかった。なにかもらったかな?そのことも憶えていないが、フラメンコというものに、出会ったということだけは、忘れなかった。

東京にもう一度戻り、小さな新聞社で仕事を始めた。

偶然に、フラメンコ雑誌の編集をやっているという人と知り合い、フリーのカメラマンになって、仕事が入るようになった。

そこでは、スタジオの広告で碇山さんの名前をみることはあっても、取材に行くとか、そういう偶然は起きなかった。

会えないのかな、そう思っていた。

昨年から、フラメンコを始めた。ちょっとしたきっかけだった。フラメンコを習い始め、再び碇山さんのことを思い出した。

まだ、東京にいらっしゃるのだろうか。

そう思っていたら、なんと、今教えてもらっている先生が、碇山さんのお弟子さんだった、、、。

こんな偶然ってあるのだろうか。だから、私は、先生の踊りに惹かれたのだろうか。

そして、またいつか、碇山さんに会えるのだろうか。

あの日憧れたあの人に。

なんか不思議な巡り合わせ。
[PR]
by toruteh | 2013-08-25 00:33 | フラメンコ | Comments(0)
<< 懐かしいシマウタ 10年一昔 >>