ブログトップ

猫とぬっちょりとお気楽な日々

torute.exblog.jp

おはよう

とんでもない時間に目が覚め、そのまま起きた。

パンを焼き、朝風呂に浸かり、猫たちとベランダで風の匂いを嗅いだ。

猫は狩猟の時間だから一番いきいきとしていて、こちらは、このまま起きていて良いのかと悩みながら、昨日のイタリアゴの復習でもしようかと机に向かい始めた。

遠くに見えるマンションにも窓に明かりが見えるから、この時間でももう活動し始めている人はいるらしい。

東京が梅雨入りした。それは二日目の水曜日のこと。週3日の仕事が、今週は4日になり、仕事の日だった。

肌寒くなるかと思ったが、蒸し暑いような一日だった。

そして昨日、梅雨らしい小雨が降った。

イタリア語では小雨のことをpiovigginareというらしい。

かなり疲れていて、休もうかと思ったイタリアゴだったが、行けば行ったなりに、少しは身につくような気がする。

おっと、ベランダにカラスが来た。彼らもまた狩猟の時間だ。

猫たちを呼び集める。

私がただならぬ様子をすると一応は察して戻ってきてくれるので、偉い。

さて、イタリアゴの話に戻そうか。

疲れて教室に行くと、頭の中がぼわんぼわんしていて、しばらくは何も入ってこない。

それに、教室に入った時点で会話が始まっていると、もうついて行けない気がしてしまう。

昨日は、それに気がついた先生が、何を言っているのかわかる?ようなことを聞いてきたので、わからないというと、あらすじを話してくれ、そうすると、なんとなくわかった。

あっ、わかるものなのだと、少し驚いた。

ふむふむ。

しかし、単語を憶えない限りは、先には進まないよね。

毎日これくらい早く起きれたなら、ちょっとは上達するかもしれない。

何のために頑張るのか、わからないけれど前に進もう。
[PR]
by toruteh | 2013-05-31 04:58 | つれづれ | Comments(0)
<< 久しぶりにおやすみ日曜日 食べる事は実はかなり大変なこと >>