ブログトップ

猫とぬっちょりとお気楽な日々

torute.exblog.jp

親の苦悩、子供の苦悩

さてさて、説得工作失敗?

失敗も何も、夜は仕事だからと、彼女は30分しかその席にいなかった。

オイオイ。

とりあえず、言いたいことは言ったから、後は彼女の判断だけれど、時間があれば、説得はもう少し成功したかもしれない。

人と話すことは、内容もさることながら、時間と空間が、かなり密接に関係しているように思う。

彼女の気持ちを聞き出し、こちらの思いと彼女の考えの接点を探し出し、説得するもので、言いたいことを、ただ言ったからどうなるというものではないと思う。

今日の席を用意した、彼女の親の、それは失敗。

彼女は、まるでブランドの服でも買うかのように整形手術を楽しみにしているようだった。今の若い子にとって、整形とはそういうものなのか?

という驚きの方が強かった。

焼き肉を食べて、彼女は明るく夜の街に夜の仕事をするために消えていった。

オイオイ、それで良いのか?

だめだろう。

彼女はまだ未成年だってしってしまったからね。

駄目なものは駄目だと、まだ親が教えていい年なんですよ。

と、親たちを見つめてみるが、、。

そういえば、若い綺麗な女の子が、キャバクラで首位争いをするドラマがゴールデンタイムで流れていて、すごく違和感があったけれど、あれを見ると、夜の仕事が危険だなんて、子供たちは思わなくなってしまうよね。マスメディアの罪を感じるよ。

さてさて、父親は、子供のことで悩みたくないなんていうし。

もっと悩んで人生楽しもうよ。
[PR]
by toruteh | 2013-03-20 00:07 | つれづれ | Comments(0)
<< 結局は無い物ねだり 人を変えたいなら、自分から変わ... >>