ブログトップ

猫とぬっちょりとお気楽な日々

torute.exblog.jp

行く年来る年にゃにゃー

今年はいろんな事がありました。
あこがれのフラメンコを踊ってみることが出来ました。
いろんな事に挑戦し、敗れ去って行きました。

大切な人が何人もこの世を去りました。
大好きな叔父さんがいなくなってしまったのは、かなり痛手でした。
今でも、家に訪ねてくるのを待っていたりします。両親の退院を一番に喜んでくれたでしょう。今年の正月は、この家で、叔父さん夫婦が両親と正月を迎えてくれました。

シマに帰るたびに山を案内してくれました。今でもシマに帰りたい大きな理由は、叔父さんと山を歩きたいからです。でも叔父さんはもういません。

そして、父が倒れ、母も怪我をし、何とか退院までこぎ着けました。本当の歩みはこれからでしょうが、とりあえずは、日常が戻ってきたように思えます。

両親が元気なうちに、こんなに沢山の子や孫と一緒に正月が迎えられたら、父母はどんなに嬉しかったことでしょう。どんなに喜んでくれたことでしょう。

いまさらですが。

それでも、正月準備をしていると、父もだんだんその気になってきて、正月用のテーブルを出そうと言い始めました。

大きすぎて、椅子に座る生活になってしまった両親には必要ないかと、処分の対象になったテーブルです。
捨てて無くてよかったです。

いろいろものが無くなっているのを、うすうす感ずいてきているようですが、とぼけてしまいましょう。

今日はツバシャヤセを炊きました。意外と簡単に成功したので、ラッキーです。

塩をしたあばら骨は、お店の人は軽く塩をしたといっていましたが、かなりしょっぱくて、その塩味だけで、完成してしまいました。なんて簡単なんでしょう。

31日の夜には、このツバシャヤセで、年越しをします。

「今日は年の祝い(ゆえ)じゃが」と父が言いました。そういう表現をしていたのでしょうか。

今年一年が無事に終わったことを祝うのでしょうか。上手く聞き出せませんでした。

明日は元旦です。家族揃って、新年を迎えましょう。

よい年をお迎えください。今年一年お世話になりました。

来年も健やかな年でありますように。
[PR]
by toruteh | 2012-12-31 21:07 | つれづれ | Comments(0)
<< 元旦 12月29日 >>