ブログトップ

猫とぬっちょりとお気楽な日々

torute.exblog.jp

冬の旅・奄美(2)

奄美に着いた夜、初日は「和美」に行く。なぜか決まりになっている。シマウタ唄者和美さんのお店だ。

店内はそう広くないが、カウンターと座敷があり、島料理が盛りだくさんいただける。

そして、生のシマ唄が聴ける。

唄者の声は、やっぱり違う。どうしてなんだろう。力一杯声を出しているという雰囲気はないのに、声が響き渡る。
以前に出場した大会のビデオを見ていても、お囃子で参加してる唄者さんたちの声が聞こえると、横を向いて聴いていても、テレビ画面に引きずり込まれる。

そういう力がある。

少しでも近づきたいものです。

この日は、2月に迫った、大会の予選会の話しが出た。(やっぱり、、)

今までは予選はなく、出たい人は誰でも大会に出ることが出来た。シマウタを普及するための大会だったのでそれで良かったはずなのだが、近年は出場者が多数。

審査員たちも、一日に100人以上の人の唄を聞き比べるのは、聞いているだけでも疲れてしまって、大変という話しを聞いていた。

予選があって、しかるべきなのかも知れない。

今回は、地区予選。

あと一月だ。最近は練習も出来ていない。なんて思っていると、早速「うたってごらん」と、向けられてしまった。

まだ、選曲に迷っている。

3曲歌って、結局は歌い慣れた唄が「まだいいんじゃない」ということになった。

その後も、飲んでいる暇もなく、1時間くらい唄の勉強時間になった。お客さんすいませんでした。
[PR]
by toruteh | 2009-01-11 00:01 | 島旅日記 | Comments(0)
<< 冬の旅・奄美(3) 46歳、誕生日おめでとう >>